【エンタがビタミン♪】大渕愛子弁護士の長男、たくさんのふなっしークッションに見守られる。将来は“梨友”に?

TechinsightJapan / 2015年8月28日 14時30分

写真

ご当地キャラ・ふなっしーの熱烈なファンとして注目が集まった、弁護士兼タレントの大渕愛子氏。独身時代の彼女のブログはふなっしーの話題一色で、載せられている写真もふなっしーグッズで溢れていた。その大量のグッズが今、2015年3月に生まれた彼女の長男をしっかりと見守っている。

2014年8月に結婚した俳優・金山一彦と大渕愛子弁護士との間には、5か月になったばかりの長男・侑生(ゆうせい)くんがいる。出産を経てからの『大渕愛子オフィシャルブログ』は、育児に関する話題がほとんどで読者も子育て中のママたちが多くなったようだ。

すくすくと大きくなった侑生くんは寝返りを始め、寝ていても移動をするのでベッドにいる時は心配である。そこで大渕氏は、たくさん持っているふなっしーのクッション類でベッドの周りを囲んでみたのだ。その写真が8月27日のブログに掲載されているが、うつ伏せに寝ている侑生くんをふなっしーが見守っているようで微笑ましい。しかし目を覚ました侑生くんは、クッションの囲いを突破。大渕氏はこの様子を見て「そろそろマットレスを囲うちゃんとしたサークルが必要」だと感じたようである。また、ふなっしーのクッションで遊んでくれたということなので、どうやら侑生くんも気に入ってくれたらしい。

6月から育児休業をとっていた金山もすでに俳優業に復帰している。彼とは反対に料理が苦手な大渕氏だが、侑生くんはまもなく離乳食が始まる時期ということで専用のグッズを揃えて準備を進めているところだ。この秋は働くママとして大渕弁護士の新たな生活がスタートするが、ふなっしーグッズは長男の良き友達になりそうだ。

※画像は『大渕愛子オフィシャルブログ』のスクリーンショット。
(TechinsightJapan編集部 みやび)

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング