【イタすぎるセレブ達】ベッカム家長男、アメリカの大学に進学希望。将来はサッカー以外の道も。

TechinsightJapan / 2015年9月4日 11時35分

写真

デヴィッド&ヴィクトリア・ベッカム夫妻の長男で16歳のブルックリン君が、このたび雑誌表紙に登場。インタビューでは将来の夢を語り、アメリカへの留学を希望していることも明かした。

このほどベッカム家の長男ブルックリン・ベッカム君が、『MISS VOGUE』誌の表紙を飾りインタビューにも応じた。彼は今後の進路につき、このように希望を明かしている。

「僕はアメリカで芸術と写真の勉強をしたいんだ。統一試験が済んだらね。」
「サッカーも大好きさ。でも僕は写真やフィルムにものすごく情熱を感じてる。だから、まだ的は絞っていないんだ。」

この発言を受け、英メディアの一部はブルックリン君について「父とは同じ道を歩まないかもしれない」と報じた。

一方で父デヴィッドは、今も根っからのサッカー好き。その影響で4歳の末娘もお兄ちゃん達にまじってサッカーを楽しんでおり、それを夫妻ともに喜んでいる。しかしブルックリン君については別の興味を見つけ、違う方面に進む可能性がずいぶん高くなってきた。ベッカム夫妻もいささか複雑な心境か。

※画像は、『Instagram missvogueuk』のスクリーンショット。
(TechinsightJapan編集部 ケイ小原)

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング