【エンタがビタミン♪】陣内孝則の“ザ・ロッカーズ”が登場。『Sunset Live 2015』で奇跡的なステージ。

TechinsightJapan / 2015年9月7日 11時0分

写真

福岡で開催された夏フェス『Sunset Live 2015』に陣内孝則率いる伝説のロックバンド・TH eROCKERS(ザ・ロッカーズ)が出演した。陣内と高校時代からの友人という糸島市長も応援に駆けつけステージ前に再会を懐かしんだ。あいにくの雨にもかかわらず、ライブは熱いロックンロールとMCで盛り上がると、ラストには博多・めんたいロックの大先輩、山善も飛び入りして奇跡のコラボが実現した。

大型音楽フェスティバル『Sunset Live 2015』が9月4日、5日、6日に福岡県糸島市の芥屋海水浴場で開催された。5日には福岡出身のロックバンド・TH eROCKERS(ザ・ロッカーズ)がステージに登場。俳優になる前の陣内孝則がボーカルを務めていた伝説のバンドが久々に復活した。

『Facebook 糸島市役所』によると、糸島市の月形祐二市長は陣内孝則と高校時代の友人で今も親交があるという。この日はその月形市長が応援に駆けつけて、ライブ前に2人で「この前、あいつに会ったバイ」など博多弁で語り合ったそうだ。地元のフェスならではの出来事だ。

ステージではさらなるサプライズが待っていた。同フェスをプロデュースする深町健二郎が『深町健二郎(kenjirokenjiro)ツイッター』で「Th eRockers 降りしきる雨の中、奇跡的なステージ魅せてくれました!」と興奮気味につぶやいている。

ライブはギターサウンドに乗せて陣内のボーカルでノリノリとなり、彼ならではのMCでさらに盛り上がっていく。ラストにはTH eROCKERSの1stアルバム『WHO TH eROCKERS』(1980年)の人気ナンバー『キャデラック』を、なんとオリジナルを歌った山善こと山部善次郎が飛び入りして一緒に歌ったのだ。博多・めんたいロックの中心的存在である山善とのコラボは、陣内孝則ばかりかオーディエンスにも最高のサプライズとなった。

陣内孝則は2012年にも“DAD MOM GOD with 陣内孝則”として『Sunset Live』に出演している。今ではテレビ番組でロック歌手としての彼を見ることは少ないが、『Sunset Live』ではこれからも熱いステージを繰り広げて欲しいものだ。

※画像は『twitter.com/kenjirokenjiro』のスクリーンショット。
(TechinsightJapan編集部 真紀和泉)

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング