【イタすぎるセレブ達・番外編】ミラ・ジョヴォヴィッチ、女性スタントの大怪我に心痛「皆さんも一緒に祈って」

TechinsightJapan / 2015年9月17日 11時55分

写真

現在、大ヒット映画『バイオハザード』シリーズ最新作を撮影中のミラ・ジョヴォヴィッチが、Facebookにてスタントダブルを務める女性が大怪我をしたと報告。「どうか皆さんも一緒に祈ってほしい」と訴えた。

ミラ・ジョヴォヴィッチ主演の映画『バイオハザード』シリーズ最新作の撮影現場で、ミラのスタントを務めるオリヴィア・ジャクソンさん(画像2枚目)が大事故に見舞われた。現在も入院中のオリヴィアさんにつき、ミラはFacebookにてこう報告した。

「9月5日にセットで恐ろしい事故が起きました。私の才能あふれるスタントダブル、オリヴィア・ジャクソンさんがバイクスタントの最中にカメラクレーンに衝突し、酷い怪我をして入院したのです。」
「キャストや関係者は大変な悲しみようで、みんなが彼女の回復を待っています。今の状態は安定しており、医師団がしっかりと診てくれています。」

また事故現場にはいなかったというミラは、「このような事態は初めてだし、今後は二度と起こらないことを願います」「彼女が命を落とさなかったのは奇跡です」とも綴った。ファンにもぜひ祈ってほしいとリクエストしたミラは、オリヴィアさんの一日も早い完全復活を心より願っている。

※画像は、facebook.com/MillaJovovichのスクリーンショット。
(TechinsightJapan編集部 ケイ小原)

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング