【エンタがビタミン♪】前園真聖、断酒解禁のきっかけ掴めず「そりゃ飲みたいですよ」

TechinsightJapan / 2015年9月17日 16時53分

写真

17日、都内にて東ハトCBO(最高ブランド責任者)を務める中田英寿が同社『つながリング』 新商品発表会に登壇した。サッカー日本代表時代(アトランタ五輪)から数えて約20年という長い付き合いの前園真聖をサポーターに迎えて、2人が特につながるサッカーやお酒について話が弾んだ。前園は断酒解禁日や結婚ついても言及した。

馬場典子アナウンサーの司会のもと、中田英寿と前園真聖は当時の思い出話に花を咲かせる。19歳だった中田英寿が代表選手になった時、合宿で同じ部屋だった前園。その頃から先輩・キャプテンという立場の前園を中田は「ゾノ」と呼んでいた。「ピッチの中でも外でも頼もしく、やってくれるな」と後輩の中田に信頼を寄せていたことを前園は振り返る。

ベルマーレ平塚に所属していた中田は、「チームでは真面目」だったと言うも「代表合宿中に普通に抜け出し、凄く飲んだくれていた」こと暴露。「初めて飲まされたのがワイン。今もほとんどビールは飲まない。前園さんのお蔭でお酒のいい面と悪い面を学んだ」と笑った。



「(前園が)色々なこと(泥酔してタクシー運転手を殴打した事件)を起こした後、2年経っても(お酒)は飲まないんですよ」と中田が言えば、「色々じゃなくて一つ」だとすかさず前園から訂正が入る。「事件後、一番最初に連絡をくれたのが中田。3か月しか経っていないのにお酒を誘われた」と苦笑いしながら明かした。中田が「いつになったらお酒を飲むのか、楽しみしている」と茶化すと、「いつまで(断酒)とは決めていない。飲みたいですよ、そりゃ~」と前園もつい本音を漏らした。



イベント後の囲み取材で、前園は「お酒を飲むきっかけがない。何かのタイミングがあれば…。飲むまでの期間は自分の中では自粛しながら」と語った。つながっているという噂の彼女に話が及ぶと「6年くらいつながっている。それが実ればいい。結婚もタイミング」と話すも「ヒデよりは先に結婚したい」と断言。「その女性と結婚するときにお祝いの酒っていけるのでは?」と報道陣からツッコまれると「タイミング、きっかけはそういうことかも知れない。お酒をネタにプロポーズは…それは自然に」と話した。
(TechinsightJapan編集部 うめ智子)

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング