【イタすぎるセレブ達】元祖『ビバヒル』トリ・スペリング、共演男性複数と「性的関係を持った」。

TechinsightJapan / 2015年10月3日 15時45分

写真

90年代に大ヒットしたドラマシリーズ『ビバリーヒルズ高校白書』『ビバリーヒルズ青春白書』で、日本でもアイドル的人気を博した女優トリ・スペリング(42)。彼女がこのほどTV番組にて、複数の共演男優と性的関係を持ったと明かした。

このほど、トリ・スペリングがTVネットワークLifetimeのスペシャル番組『Tori Spelling: Celebrity Lie Detector』に登場。そこでウソ発見器をつけられ質問に答える様子の一部が、早速公開された。

その中で、トリは「『ビバヒル』シリーズの共演者と性的な関係を持ちましたか?」との問に、こう答えている。

「Yesよ。」

ちなみにひとりは番組でも恋人を演じた俳優ブライアン・オースティン・グリーン(42)で、当時につきトリは「私も若かったのよ」とコメント。さらに「オリジナルキャストの中で、他に関係を持った俳優はいますか?」との質問には、非常に困った様子でこう答えた。

「ええっと…Yesよ。でも誰かは言わないわ。」

またトリは“スティーブ・サンダース”を演じたイアン・ジーリングが相手ではないと告白。残るメインキャストは“ディラン・マッケイ”を演じたルーク・ペリーと“ブランドン・ウォルシュ”を演じたジェイソン・プリーストリーのため、このどちらかである可能性が高そうだ。

なお番組は米時間3日に放映予定とのこと。そこでさらに驚きの元祖『ビバヒル』舞台裏が明らかになるかもしれない。
(TechinsightJapan編集部 ケイ小原)

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング