【エンタがビタミン♪】ピスタチオの白目ネタに“まなみん”が挑戦。「学園祭より緊張」

TechinsightJapan / 2015年10月6日 13時55分

写真

雑誌『Seventeen』専属モデルとして活躍中の“まなみん”こと江野沢愛美(えのさわまなみ・18歳)が、お笑いコンビ・ピスタチオ(伊地知大樹・小澤慎一朗)とともに3人で白目ネタを動画で披露している。ピスタチオの白目ネタでは、何か台詞を言うたびに白目をむいて頭を後ろに反らせるので、可愛らしい『Seventeen』モデルとはイメージにギャップがあるが、果敢に挑戦して視聴者から「面白かった」とコメントされている。

2010年にコンビを結成したピスタチオは白目をむく漫才で一躍ブレイク。独特の髪型とルックスの2人がマジメな表情のまま淡々と会話を進めていく漫才は、「なんのっ!?」のツッコミもよく知られている。

江野沢とのコラボネタは動画「すっぴん美人塾Vol.2『ピスタチオ・まなみんのすっぴん美肌の保ち方 その1』」で見ることができる。動画は、伊地知「私のすっぴん美肌の秘訣を発表したいと思います」、小澤「ようやく聞けるんですね」、伊地知「それでは発表します。私の美肌を保つ秘訣は…」、小澤「ドゥルルルルルル…(ドラムロールの真似)」、伊地知「努力です」とお馴染みのパターンで続き、そこに江野沢が「なんのっ!? 何の努力をしているのか教えてください」と突っ込む。このときに江野沢はあの白目をむいて頭を後ろに反らせる変顔をしっかり披露しているのだ。

無事に最後までネタを終えて思い切り両手をあげて「やったー」のポーズをとった江野沢。動画のメイキング部分では、上手くいかずに苛立ったと思われる江野沢が「あーーーっ!」と声をあげたり、「学園祭より緊張した」と振り返っているので、モデルとしてカメラの前に立つときとは違う難しさがあったのだろう。視聴者からは「面白かった!ってか愛美ちゃん脚長すぎ」「可愛い~! すっぴんきれい目指して頑張ります」というものや、「まなみんもっと頭後ろにやんないと!! 笑」とのアドバイスもあった。

同じく『Seventeen』モデルとして活躍した経歴を持つ女優・桐谷美玲が公開中の映画『ヒロイン失格』で変顔を披露して話題だ。桐谷は昨年米映画サイトで「世界で最も美しい顔100人」で8位に選ばれたほどの美しい顔立ちである。これからはモデルや女優にも変顔のスキルが必要になるのだろうか。

10月21日には「すっぴん美人塾Vol.3『ピスタチオ・まなみんのすっぴん美肌の保ち方 その2』」が公開予定だ。

■動画公開サイト http://hpplus.jp/st/clip/2154794/



(TechinsightJapan編集部 関原りあん)

テックインサイト

トピックスRSS

ランキング