【テック磨けよ乙女!】骨盤ケアする女性は幸福度高い。パナソニック新製品発売に先駆け「骨盤に関する調査」実施。

TechinsightJapan / 2015年10月15日 10時55分

写真

スキンケアやダイエットは頑張っていても、目に見えない部分のケアは怠っていないだろうか。パナソニックが行った調査では、男性の8割弱が「後ろ姿美人」が好きという結果が出ている。姿勢やウエストのくびれなど、後ろ姿まで意識することでモテ度もアップするようだ。

様々な美容法や健康法がある中、一定の支持を得続けているのが「骨盤ケア」である。骨盤ケアは、後ろ姿や腰周りを美しく見せるために効果的と考えられている。しかし体の内側の部分のため、実際にどの程度、効果があるのかわかりにくい。そこで今回、パナソニック株式会社が「骨盤に関する調査」を実施した。

まず骨盤ケアの頻度と幸福度の関連を調査したところ、興味深い結果が得られた。骨盤ケアの頻度が週2回以下の人の幸福度の平均値は65点を下回ったが、週に3日以上骨盤ケアしている人は70点を超えている。骨盤ケアの頻度が多い女性、つまり「コツコシ女子」は幸福度が高いことがわかった。

次に「自分の体調は良いですか?」との質問には、骨盤ケアが週に2回以下の頻度では、3割近い人が体調は良くないと回答。一方で、週に3回以上の頻度でケアする人は自分が健康だという回答が9割を超えている。また仕事の面でも、週3日~4日以上骨盤ケアをする人の方が、仕事が順調だと感じている人が多いというデータが出ている。コツコシ女子は、体調だけでなく、仕事にも自信が得られているようだ。

続いて、骨盤ケアを行っている人に、どのような効果を実感しているのかを質問。すると最多は「姿勢がよくなった」で44%。2番目に多かったのが「疲れにくくなった」で16%。そして「冷え性がなくなった」が14%、「やせやすくなった」が13%で続いた。骨盤ケアにより、様々な効果が得られるという。

さらに「自分はモテると思いますか?」との質問では、「YES」と答えた人の割合が多かったのが週に5~6日以上の頻度で骨盤ケアをしている人という結果が出ている。骨盤ケアとモテには、関連性がありそうである。実際、男性に「後ろ姿美人は好きですか?」と質問したところ、76.2%の人が好きだと回答。さらに「後ろ姿で一目惚れした経験はありますか?」との質問にも、26.8%の人が「YES」と答えた。つまり、後ろ姿までケアできていた方が、結果として「モテ」に繋がるのだ。

女性に「理想の後ろ姿のタレント」について質問すると、1位は石原さとみ、2位に桐谷美玲、3位に有村架純がランクインした。そして男性に「後ろ姿がセクシーだと思うタレント」を聞いたところ、1位に石原さとみ、2位に桐谷美玲、3位に中村アンが選ばれた。男女共に支持される後ろ姿になるためには、石原さとみのようなスッとした美しい姿勢や、腰まわりを目指すとよいだろう。

健康に美容、モテにも繋がる骨盤ケア。しかし今回の調査では、骨盤ケアを取り入れている人の9割弱が「できれば毎日行いたい」と思っているものの、現状は週2回以下の頻度しか行えていないと回答している。自宅で毎日手軽に骨盤ケアができたら…そんな女性の願いを叶えるアイテムが、パナソニックより10月21日に新発売される。

「骨盤おしりリフレ」は骨盤周りからおしり、太ももまで、下半身をエアーの力でもみほぐせる新開発ベルト。12個のエアーバッグが骨盤周りをギュッと締め付け、マッサージする。運動不足や腰がつらい方、座った姿勢が長時間続く方、産後のママにもオススメだ。ベルトが下半身をしっかりホールドするため、座った姿勢、立った姿勢、横になった姿勢でもリラックスした状態で使用が可能となる。

■骨盤リフレ
http://panasonic.jp/massage_parts/products/ew-na75.html

(TechinsightJapan編集部 七海香)

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング