【イタすぎるセレブ達】セレーナ・ゴメス、マイリー・サイラスの過激化に「好きにすれば?」

TechinsightJapan / 2015年10月21日 20時20分

写真

このほどセレーナ・ゴメスが人気番組に登場し、過激化が止まらぬマイリー・サイラスや親友テイラー・スウィフトらにつき、思いを明かした。

激太りに続くスリム化、また難病告白が話題のセレーナ・ゴメスが『Watch What Happens: Live』に出演し、いくつか個人的な質問を受けた。その質問とセレーナの回答を、ご紹介したい。

■親友テイラー・スウィフトの楽曲『Bad Blood』は、ケイティ・ペリーについての歌なのか
「それについては、黙秘するわ。」

■テイラーと親しいせいで、デミ・ロヴァートとの友情がこじれたのか
「それは絶対にないわ。」
「つまり、まだ子供のようなもの。一緒に成長しているのよ。」

■元彼ニック・ジョナスにゲイの要素はあるか
「彼とは付き合っていたのよ? そんな要素はゼロよ。」

■エキセントリックで肌の露出が多いマイリー・サイラスをどう思うか
「人が進む道は、それぞれだと思う。」
「みんな、好きなことをする権利がある。(ああいう行動やファッションが)本人なりのアートというなら、まあ、そういうコトなんでしょ。」

ちなみにデミとは一時絶縁していたセレーナだが、今の関係は良好なもよう。しかしマイリーとは親しくしておらず、過去にはニックを巡り火花を散らしたとも噂された。ショービス界の人間関係は恋、友情、ライバル関係と、難しい要素が満載だ。
(TechinsightJapan編集部 ケイ小原)

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング