【イタすぎるセレブ達】アンジェリーナ・ジョリー、両乳房・卵巣を切除しても「ブラッドは女性扱いしてくれる」

TechinsightJapan / 2015年11月2日 21時55分

写真

このほど夫婦揃ってインタビューに応じたブラッド・ピット&アンジェリーナ・ジョリー。その公開を前に一部のコメントが明かされ、話題になっている。

TV番組『Today』に夫婦揃って出演したブラッド・ピットとアンジェリーナ・ジョリーだが、そこでアンジェリーナは両乳房切除手術などを振り返り、こう語った。

「私には分かっていたの。手術をしても、ブラッドなら私のそばにいてくれる。こんなことで、“女性として欠けた人間”になったとは思わないともね。ブラッドは、私をそんな気持ちにさせる男性じゃない。」

優しい夫に支えられ、ガンを予防するべく両乳房、卵巣・卵管を切除したアンジェリーナ。彼女を支えたブラッドは、両乳房切除後に「望むのは、健康で長生きして欲しい、私と子供たちのそばにずっといて欲しいということだけです」と胸中を明かし、卵巣に軽度の異常が確認された際には、海外にいたにもかかわらず帰国しアンジェリーナに寄り添ったという。

今も夫婦の関係は非常に安定しており、ブラッドは映画『By The Sea(原題)』での夫婦共演に続き、アンジェリーナとまたいつか仕事がしたいと楽しみにしている。
(TechinsightJapan編集部 ケイ小原)

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング