1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. 芸能
  4. 海外・セレブ

【イタすぎるセレブ達】1D脱退後ソロ転向したゼイン・マリク「自分の成功に驚いた」

TechinsightJapan / 2016年3月13日 20時0分

写真

昨年春にワン・ダイレクション(1D)を離れ、ソロアーティストとしての活動を始めたゼイン・マリク。現在の彼は新たなファン層を確立し大成功しているが、本人も「すごく驚いた」という。

このほどゼイン・マリクがラジオ『Beats 1』のインタビューに応じ、ソロアーティストとして成功したことについてこう話した。

「マジで自分でも驚いた。前ほど成功する気満々でソロ活動を始めたワケじゃないし。」
「だから成功して予想外だった。新たに何かを発表するごとに、より自信がつくって感じ。新たなアイデアも生まれるから。」

そのゼインは、ワン・ダイレクション時代から「脱退したい」と強く願っていたそうだ。過去には「グループ結成1年目から脱退を希望していた」「他のメンバーも気付いていたのさ、1Dの音楽は俺の好みじゃないってな」と告白。業界内外から「じきに人気はすたれる」と叩かれもしたが、ソロデビュー曲『PILLOWTALK』は予想を超えるヒットに。PVには恋人ジジ・ハディットも登場し、話題性も抜群の作品として注目された。



出典:https://www.instagram.com/zayn
(TechinsightJapan編集部 ケイ小原)

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング