【イタすぎるセレブ達】1Dメンバー、リアム・ペイン以外は脱退ゼインを完全無視

TechinsightJapan / 2016年3月24日 14時45分

写真

昨年、ワン・ダイレクション(1D)を脱退しソロ活動を開始したゼイン・マリク。彼がこのほど『NME』誌の取材を受け、“1Dメンバーとの今の関係”を語った。

長い間1Dの音楽性に疑問を抱き、「俺らしい音楽をやりたい」と不満を募らせていたゼイン・マリク。ついには電撃脱退に至り世間を騒がせたが、それによりメンバーとの絆に深い溝ができたそうだ。このほど『NME』誌の取材に応じたゼインは、メンバーに連絡を試みたものの無視されたとコメント。詳細をこのように語っている。

「そう、連絡を試みたのに、誰も俺に接触しようとはしなかった。」
「ま、どうでも良いけど。」

しかし最近になり、リアム・ペインとはようやく「少し話ができた」という。

「今でもメンバーの中で一番親しいのはたぶんリアムだね。電話で話してさ。俺のシングル曲について“おめでとう”って言われたから、俺も『ブリット・アワード』で受賞したことについて“おめでとう”って祝福した。話せて良かった。長い間顔を合わせていないから、会いたいと思っているんだ。」

ちなみにリアムはゼイン脱退後に「やりたいことがあったんだろうね」「それは仕方のないこと」と述べ、長い間共に活躍したゼインの決意に理解を示していた。

出典:https://www.facebook.com/onedirectionmusic
(TechinsightJapan編集部 ケイ小原)

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング