【エンタがビタミン♪】中居正広と加藤浩次を取材した国山ハセンアナ “対応の差”指摘され冷や汗

TechinsightJapan / 2016年3月26日 20時50分

写真

TBSの国山ハセンアナウンサーが、レギュラーを務めるバラエティ番組『王様のブランチ』で中居正広と加藤浩次がMCを務める番組にそれぞれ突撃インタビューを行った。双方から面白いエピソードを引き出せたものの、スタジオでは両者の対応に違いがあるのではと疑惑を持たれ動揺してしまう。

国山ハセンアナはまず、3月29日に放送される『UTAGE春の祭典!』の収録スタジオを訪れた。この日は夜0時に収録が終わる予定だったが、出演者も多く大がかりなものとなりインタビューできたのは深夜2時半を越えていた。MCの中居正広が「待たせて申し訳ないね」「これは残業手当とかでるの?」と気遣うと「これは出ます」と国山アナ。「イエーイ!」と中居が叫べば共演者たちからも「よかったー」と拍手が起きる。深夜とはいえハイテンションだ。

そんななか舞祭組の二階堂高嗣が最近一番緊張したのは「中居さんとの食事会」だと明かしたことで、SMAPとKis-My-Ft2が12日に生出演した『震災から5年“明日へ”コンサート』(NHK総合)で福島を訪れた際のエピソードが語られる。中居正広と香取慎吾にキスマイで食事に行った時のことだ。外食を終えると香取は自分の部屋に戻り、中居の部屋でキスマイと8人で飲んだ。中居からライブ作りのアドバイスなどがあり、二階堂はとにかく緊張したという。ところが、宮田俊哉は平然と中居の布団で寝てしまい、当の中居はその横に座布団を並べて寝たそうだ。中居は当時を振り返り「宮田のワクチンを打ってなかったので、その布団に入ったらマザコンになりそうだった」と笑わせた。

一方、3月27日放送の『リズムにノッて答えろ ザ・ピンポンブー』のスタジオでMCの加藤浩次と高島彩にインタビューした国山ハセンアナ。TBSのバラエティで初めて進行を務める高島彩から「実はTBSのアナウンサー試験を落とされちゃった」という事実を聞き出した。彼女はカミングアウトしながら「やってやった! ウフフフ」と笑う。また、加藤浩次はサッカー情報番組『SUPER SOCCER』でレギュラーを務めているので国山アナとはよく飲みに行くようだ。加藤に「ハセンは週末とかけっこうクラブに行ってるから」「叩けばホコリが出るタイプ」と言われて彼は「いえいえ」と否定する。

その加藤が「俺がノッてる」と感じるのはどのような時かと聞かれて、「週末、飲みに行って記憶がなくなった時にノッてるかな」と答える。国山アナは「よく拝見します」と明かし「わりと怒られますが、でも(加藤さんは)覚えてないんですよね」と少し不満らしい。インタビューを終えると加藤から「最後までいるんだろ?」と釘を刺さされて、国山アナは「いますっ、ハイっ、見ています」と返事していた。

3月25日に『王様のブランチ』(TBS系)でその国山アナのインタビューが放送されると、スタジオでMCの谷原章介が「で、最後までいたの?」と確認する。だが、国山アナが「すぐ帰ってしまいました、すみません」というので「ちょっと待って!」と呆れる谷原。「『UTAGE!』は残ったんだよね…じゃあ、中居くんよりも加藤さんはちょっと落ちるの?」と詰め寄った。青ざめた顔で「違います! そういうことではないんです! 本当に申しわけございません!」とカメラを通して深々と頭を下げる国山ハセンアナだった。
(TechinsightJapan編集部 真紀和泉)

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング