【イタすぎるセレブ達】ジョージ・クルーニー、弁護士妻と良い関係を保つための“ルール”明かす

TechinsightJapan / 2016年4月2日 13時20分

写真

2014年に結婚した弁護士アマルさん(38)と、とても仲良く暮らしている俳優ジョージ・クルーニー(54)。いつまでも良い関係を維持すべく、夫妻はあるルールを守っているという。

このほどジョージ・クルーニーが『HELLO!』誌のインタビューに応じ、妻アマルさんと守っている“あるルール”についてこう明かした。

「1週間以上は絶対に離れ離れにならない。そう決めてあるんだ。」
「それに、別々の国にいる時にはソーシャルメディアも使って連絡を取り合っているよ。」

またこの夫妻は、愛情のみならず“友情でもつながり合っている”という。

「そう、僕達は移民問題など共通の関心事がある。でもカップルとして僕達を結びつけているのは、友情だね。僕達は本当に仲が良くて、一緒にいるのが好きなんだ。」

ジョージは一度の離婚を経て、長い間独身生活を満喫。身内も「もうジョージは結婚しないでしょうね」と語っていたが、惚れぬいたアマルさんを妻にしたジョージは幸せを実感。実は初めて会った日から求婚を考えていたといい、「今はこれまでになく幸せだ」と『OK!』誌に語っている。
(TechinsightJapan編集部 ケイ小原)

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング