【エンタがビタミン♪】島崎遥香、AKB48卒業発表<挨拶全文> 夢は“ジブリの声優”に、指原&まゆゆ「叶うんじゃないかな」

TechinsightJapan / 2016年10月3日 17時38分

写真

“ぱるる”の愛称で知られるAKB48の島崎遥香(22)が、年内の活動をもってAKB48を卒業することを発表した。近年ドラマや映画出演で女優としての活躍も注目される島崎だが、卒業後について「今すぐここで簡単に“女優になります”というほどの実力もない」としつつも、「夢はジブリの声優」と目を輝かせた。

3日、東京・秋葉原にて開催された『バイトルNEXT』新CM発表会に島崎遥香が出席、そのステージで卒業発表を行った。ほかにHKT48・指原莉乃、AKB48からは渡辺麻友、横山由依が登壇し、島崎を見守った。



AKB48総選挙の司会でおなじみの徳光和夫から「皆さんに何かお話しすることございますよね?」と話を振られた島崎が「AKB48を年内をもって活動を終了させていただくことにしました」と発表した。卒業後については「いくつかのスポーツ紙や報道で女優になるとありましたが、今すぐここで簡単に“女優になります”というほどの実力もないですし…」と言葉に詰まり、「“女優一本でいきます”とここではそうは言えないんですけど、いただいたお仕事に全力で取り組んでいきたいという前向きな意思はあります」と意欲を見せた。そして「ずっと夢だったことがあって、ジブリの声優になりたい」と明かすと、指原が「ぱるるちゃんなら、なれると思います」、渡辺が「いつか叶うんじゃないかな」とその可能性を認めた。



島崎と同期でAKB48総監督の横山由依は「言葉が本当に見つからない」「実は一回卒業しようかなと横浜スタジアムのリハーサルのときに相談されたときに泣いて止めたんですね」と涙ながらに振り返った。それでも「AKB48はみんなが夢をもっと叶えていく場所だと思うので、卒業してもぱるるが活躍していくことがメンバーにとってもファンの皆さんにとっても励みになるんじゃないかな」とエールを送った。



“まゆゆ”こと渡辺麻友は「同い年ということで一生に一度の成人式を共有できたのがすごく思い出」「卒業という大きな決断を下したことにも勇気をもらいますし、新しい道に進んでいくので背中を押してあげたいですし、応援していきたい」と激励した。



そして指原莉乃は「夏頃に一回電話をしまして、こんなに努力が表に伝わらなくて、こんなに悩みや不安が外に伝わらない子っているんだなって。本当に不器用な子で」「今はとても誤解されやすい部分が多いけど、卒業して、夢にまっすぐに取り組める人なので、皆さんにそれを分かっていただけるときが早く来るんじゃないかな」と期待を込めた。また「(CM撮影を)一緒にしても(ぱるるは)女優として空気感がありますし、卒業しても大丈夫」と笑顔で太鼓判を捺した。

島崎遥香はAKB48の46枚目のシングル(11月16日リリース)でセンターに立つことが決定。また10月からスタートする連続ドラマ『警視庁 ナシゴレン課』(テレビ朝日系)で主役を務める。

島崎からの挨拶は以下の通り。

■卒業発表
「AKB48を年内をもって活動を終了させていただくことにしました。私事なので簡潔にお話しさせていただきますと、最後の握手会は幕張メッセで12月24日に、卒業公演はAKB48劇場で12月26日に行います。活動としては12月31日年内までです。」

■AKB48メンバーに言いたいこと
「ここにいるお二方は先輩ですし、私から言えることはないんですけど、でも本当にこれからは一視聴者として見ていきたいと思いますし、個人個人の活動もテレビを通しての形になると思いますけど、応援していきたい。」

■最後に自身のファンに向けて
「7年間やってきたので、話し出したら長くなるし、すごく思うことはたくさんありますし、でも今日発表して年内ってことはあと約3か月とわずかなんですけれども、そこまではAKB48の一員としてアイドルとして全力で取り組んでいきたいと思っていますし、卒業してもよければ応援していただけたら嬉しいなって思っています。」
(TechinsightJapan編集部 関原りあん)

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング