1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. 芸能
  4. 芸能総合

【エンタがビタミン♪】“美少女小学生YouTuber”も登場 インフルエンサーの活躍にホリプロ社長が感慨

TechinsightJapan / 2017年3月1日 20時20分

写真

美少女小学生YouTuber“ゆなちゃん”の評判を知ったホリプロの社長が2月28日、『Y.Hori 堀義貴 HoriPro(horishachou)ツイッター』で「こういう時代なんだなあ」とつぶやいた。社長が読んだ記事にはゆなちゃんが開設した『ゆなちゃんねる』の人気とともに「インフルエンサーマーケティング」について説明がありテレビ業界とは違う世界の発展がよく分かる。

人気YouTuber・怪盗ピンキーのチャンネルに妹として登場するゆなちゃん。視聴者から「可愛い」と注目されていた彼女が、2月14日に自身の『ゆなちゃんねる』を開設した。するとわずか2週間で20万人の登録者数を獲得する人気ぶりで、何万とあるYouTubeチャンネルのうち2週間で200番台に入るのは驚異的スピードだという。

「美少女小学生YouTuber」と呼ばれるゆなちゃんが1人でそれを運営しているわけではない。インフルエンサーマーケティング事業、SNSプラットフォーム事業を行う株式会社VAZが手掛けたものだ。その説明に「インフルエンサーのなかにはVineやTwitterで短い動画をあげるショートムーバーと呼ばれるインフルエンサーと、YouTuberの二種類のインフルエンサーがいます」「株式会社VAZは、YouTuberのみならずショートムーバーを抱える事務所」とある。

動画を作成して投稿するのが「クリエイター」で『株式会社VAZ所属クリエイター』には「現役女子大生クリエイター」や「現役女子高生クリエイター」「現役中学生クリエイター」など約70名が所属しており、ゆなちゃんは「現役小学生クリエイター」ということになる。

ホリプロの堀義貴代表取締役社長もその世界に「こういう時代なんだなあ」と感慨を覚えたのだろう。ちなみに乃木坂46が3月22日リリースする17thシングル『インフルエンサー』はそうしたクリエイターと視聴者の関係を歌っているように思えなくもない。そういう時代である。



出典:https://www.youtube.com
(TechinsightJapan編集部 真紀和泉)

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング