【エンタがビタミン♪】篠原ともえ×パパイヤ鈴木がコラボ 『ピーポくんのうた』がまるで“アニメ主題歌”

TechinsightJapan / 2017年3月26日 17時58分

写真

警視庁の公式キャラクター・ピーポくんのテーマ曲『ピーポくんのうた』が篠原ともえの歌とパパイヤ鈴木の振付によって映像化された。シノラーブームの頃はアニメキャラクターのような声で話していた篠原だけに、今回の起用はぴったりだ。さらにAKB48『恋するフォーチュンクッキー』でおなじみパパイヤ鈴木による振付を登場するキャラクターたちが踊り、まるでアニメ主題歌のような仕上がりとなった。

「ピーポくん」が警視庁のシンボルマスコットとして誕生したのは1987年(昭和62年)4月17日のことだ。その後、2002年(平成14年)4月17日に作られた『ピーポくんのうた』とともにイベントやテレビで親しまれており、お笑いコンビ・アンジャッシュのネタ“ピーポくんの交通安全教室”で知った人も多いのではないか。

このたび『ピーポくんのうた』がリニューアルされ3月24日にYouTubeの警視庁公式チャンネルで公開された。楽曲はオリジナルのままだが、篠原ともえのかわいい歌声とパパイヤ鈴木による覚えやすい振付で老若男女が楽しめるものとなっている。アンジャッシュもこれを見たら、久々に“ピーポくんの交通安全教室”シリーズの新ネタを作りたくなるかもしれない。



出典:https://www.instagram.com/shinoharatomoe
(TechinsightJapan編集部 真紀和泉)

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング