【エンタがビタミン♪】ゆず、デビュー20周年の思い「ゆずはゆず」

TechinsightJapan / 2017年4月17日 19時30分

写真

今年20周年を迎えた音楽デュオ「ゆず」(北川悠仁、岩沢厚治)が17日、都内にて開催された取材会に出席した。今月リリースするベストアルバムと5月からスタートするドームツアーについて、そして20周年への思いを、ゆずの2人が報道陣からの質問に答えていく形でたっぷり語った。

北川悠仁は、10周年、15周年は点“、”のようだったが「20周年は丸“。”の感じがして、一区切り」「初めて振り返ったり、自分たちがやってきたことを褒めてあげるような20年になっています。その感謝の気持ちを込めて、ファンの皆さまとゆずの実を味わい尽くせたらいいな」と20周年への特別な思いを表現した。岩沢厚治は「体感的にはもう20年かという思い。割といろんなことをやってきたなという感じ。年齢もハタチから40になって人生の半分ゆずだったんだな」と感慨深そうだ。



そんな20年間の集大成とも言えるオールタイム・ベストアルバム『ゆずイロハ 1997-2017』が4月26日にリリースされる。北川は「スタッフが調べてくれたら(これまで作った楽曲が)255曲ありまして、正直どれも思いを込めて作ってきた作品なので、ベストにするのに悩みました」と選曲の苦労に触れてから、同アルバムについて「『夏色』と『栄光の架橋』しか知らなかったけど、ゆずってこういうグループだったんだという手引きになったらいいな」とアルバムへの思いを明かした。

同アルバムには、いきものがかり、back number、SEKAI NO OWARIの3バンドと、それぞれ1曲ずつコラボしたゆずの楽曲が収められている。「忙しいグループで人気者だけど快諾してくれて」と感謝した北川は「いきものがかりさんとは地元の横浜でメンバーと中華料理を食べながら何の曲をやろうか話した。SEKAI NO OWARIさんとは実際にメンバーが生活している“セカオワハウス”を訪ねて、ゆずのファンだという深瀬くんとNakajinを中心に曲を選んだ」そうだ。「どのグループも形式上ではなくワイワイ話しているところからやれたので、温度感が出たのではないか」と互いにコラボを楽しんだようだ。



また、5月3日のナゴヤドームからスタートする『YUZU 20th Anniversary DOME TOUR 2017 ゆずイロハ』に話が及ぶと、岩沢が「ドームという会場は野球をやるところ」と笑わせてから「ファンのみなさんとお祭り騒ぎができれば」と語り、北川は「20年というキャリアの中で一番大きなツアー。20年経った今、自分たちの音楽をこれだけの人が聞きに来てくれるのが本当にありがたい。見終わった後に“ドームって意外と小さいね”って自分たちを近くに感じてもらえるようなツアーになったら」と願望を口にした。

そして同ツアーのセットリストについては「大きい会場なので、初めてゆずのコンサートに来る人もいると思うので、ベスト盤からしかやらないぐらいの思いでセットリストを作っています」と言いつつも、「新曲にトライしたい」という思いもあるそうだ。また「僕たちのファンクラブのマスコットキャラクター“ゆず太郎”くんがステージ上で大活躍する演出を考えているので、みなさん、ゆず太郎グッズを身にまとって来てほしい」と一部構想を明かした。

ツアー最終日の6月4日福岡ヤフオク!ドーム公演は、BSスカパー!にて生中継される。生中継は「緊張もしますし、テンションも上がります」という岩沢は「中継が入ると、ミュージシャンは本気を出すので、ミュージシャンの本気を見ていただければ」と報道陣を笑わせた。



20年前を思い起こして、北川は「地元横浜をいっぱいにしたいとか、デビューできたらいいねとか野望はなかった。ゆずを一日でも長くやっていけたらいい」、岩沢は「結成したときに20年間頑張ろうねと約束もしていないし、気が付いたら20年経っていた」と無欲だった2人。しかし20年という年月が経過して北川が「20年経って、ゆずはゆずでしかないんだなと思って、ネガティブというより嬉しいなという感じがして、もっとさらに面白いことができるんじゃないか」と発言すれば、岩沢は「デビューして4、5年経ったときは、“ゆずっぽい”って言われるとカチンときた。さらに10周年ぐらいには“ゆずっぽい”って言われるのは、なんて素晴らしいことなんだろうと」と気持ちの変化を明かした。そして「いい意味で自分たちの限界を知りつつ、だったらこうしてやろうとやり方を探してきた20年。自分たちもさらにスキルアップしていくんだろうけど、ゆずはゆず。変わるといっても変えられないので、アップデートして“ゆずっぽい”ということを増やしていく」とこれからの活動を見据えた。
(TechinsightJapan編集部 関原りあん)

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング