【エンタがビタミン♪】木村多江主演・新ドラマの予告動画に「どう見ても松居一代」の声

TechinsightJapan / 2017年10月2日 15時50分

写真

日本テレビ系10月5日スタートの木曜深夜ドラマ『ブラックリベンジ』の予告動画が、今年の夏に世間を騒がせたあの動画にそっくりだと話題になっている。主演の木村多江が無表情で「絶対に許さない」と話しているが、本家にも劣らない凄みを感じる。

最愛の夫、そして生まれてくるはずの我が子を捏造されたスキャンダル記事で失った今宮沙織(木村多江)。復讐の鬼と化した彼女は、記事を報じた週刊誌の編集部に契約ライターとして潜り込む。捏造したスキャンダルで夫を死に追いやった犯人を、「目には目を、スキャンダルにはスキャンダルを」と次々に追いつめていくのだ。

この『ブラックリベンジ』には、あの“土下座”報道があった鈴木砂羽が精神科医・糸賀朱里役で出演、またドラマの監修を週刊文春の元記者・中村竜太郎氏が務めることでも注目を集めている。しかしネットで一番盛り上がっているのが、木村の自撮り風予告動画だ。「夫がゲスに殺された」「ゲスを地獄に落とす」と黒の背景に画面いっぱいの白と赤の文字が並ぶ場面と、縦長の動画に黒い衣装の木村が無表情で「絶対に許さない」「私は自殺を考えました」などとドスの利いた声で話している場面で構成されていることに、「ドラマの宣伝動画がどう見ても松居一代」とあの動画を思い出した人が多い。

情報番組で松居一代の話題が出ることは無くなってきたが、彼女が今年の夏に発表した衝撃的な動画は人々の記憶に深く刷り込まれているようだ。

画像は『【公式】ブラックリベンジ 2017年9月28日付Twitter「週刊誌の記者になって、ゲスどもに復讐します。」』のスクリーンショット
(TechinsightJapan編集部 みやび)

テックインサイト

トピックスRSS

ランキング