【エンタがビタミン♪】今野浩喜 “ドラマアカデミー賞”の結果にボヤき「結構ほめてもらって良いと思う」

TechinsightJapan / 2017年11月16日 18時0分

写真

お笑いコンビ・キングオブコメディ時代には『キングオブコント2010』で優勝した経歴を持つ今野浩喜。コンビ解散以降は俳優でめきめき頭角を現してきた彼が、11月15日に『今野浩喜(comnotwithiroki)ツイッター』で「いやコレ結構ほめてもらって良いと思うんだけど」とつぶやいた。

『週刊ザテレビジョン』が発表した“第94回ドラマアカデミー賞”の内容について訴えたものだ。最優秀作品賞に『コード・ブルー』が選ばれ主演男優賞は『コード・ブルー』の山下智久が受賞、主演女優賞は『ひよっこ』の有村架純、助演男優賞は『過保護のカホコ』の竹内涼真、助演女優賞は『コード・ブルー』の新垣結衣が受賞した。

やはり大きく取り上げられるのはその4人だが、各部門で「票の内訳」毎に5位まで発表されている。そのうち助演男優賞は「読者票」が「1位 浅利陽介」「2位 有岡大貴」「3位 竹内涼真」「4位 今野浩喜」「5位 薮宏太」となっている。さらに今野浩喜は「TV記者票」で5位、「審査員票」では3位と健闘しており「結構ほめてもらって良いと思うんだけど」とアピールしたくなったのだろう。

ドラマ『僕たちがやりました』は最優秀作品部門の「読者票」で4位、主演男優賞部門で「2位 窪田正孝」、助演女優賞で「5位 永野芽郁」という結果からしても今野浩喜への評価はなかなかのものではないか。

そんな彼のツイートにフォロワーから「本間や! 全部ランクインしてる! これからも頑張ってくださいねー」「パイセンおめでとうございます!!」「こりゃすごいですね! 祝!!」とコメントが寄せられるなか「俳優さんとしても大活躍。だけど 本当は今野さんのコントが見たいの」という声もあった。

画像は『火9ドラマ『僕たちがやりました』公式 2017年9月19日付Instagram「【まもなく僕やり最終回】」』のスクリーンショット
(TechinsightJapan編集部 真紀和泉)

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング