【エンタがビタミン♪】aiko、ブルーリバーを見上げる姿が“進撃の巨人”を思わせる

TechinsightJapan / 2017年12月7日 19時50分

写真

aikoが11月29日にリリースした37枚目シングル『予告』のキャンペーンで12月5日、福岡入りした。ラジオ、テレビ番組の生放送や収録で2日間忙しく過ごしたようである。そんななかワタナベエンターテインメントのお笑いコンビ・ブルーリバーが彼女と共演したことをSNSでツイートしている。

『ブルーリバー 青木淳也(blueriver_aoki)ツイッター』で「高校生の頃の僕に伝えたい! 20年後に夢のような時間が待っとるぞ!って」とハイテンションにつぶやいており、 特に青木淳也は熱いaikoファンのようだ。彼が相方の川原豪介とaikoを真ん中にして並ぶところを投稿したが、aikoが2人を見上げる構図は“進撃の巨人”の世界観ではないか。

ブルーリバーはKBCラジオ『夕方じゃんじゃん』で木曜日のパーソナリティを務めており、aikoの出演回は12月14日にオンエアされる予定とのことだ。

それにしてもaikoが小柄とはいえ『予告』のミュージックビデオで一緒に映るバンドメンバー比べてもそこまで小さくは見えないだけに、ブルーリバーとの量感の違いには驚くばかりだ。



画像は『ブルーリバー 青木淳也 2017年12月6日付Twitter「高校生の頃の僕に伝えたい!」』のスクリーンショット
(TechinsightJapan編集部 真紀和泉)

テックインサイト

トピックスRSS

ランキング