【海外発!Breaking News】マクドナルドの客、注文を間違えられ激怒 従業員を突き飛ばす(米)

TechinsightJapan / 2018年3月22日 21時43分

写真

マクドナルドのドライブスルーで注文を間違えられてブチ切れた女が、店内で従業員を突き飛ばす暴行を働き、その後逃走した。警察はFacebookで情報提供を呼びかけて女の行方を追っていたが、その数日後に逮捕されたようだ。『Fox News』『WTMJ.com』『Metro』などが伝えている。

3月18日の朝11時頃、米ウィスコンシン州グレンデールにあるマクドナルドのドライブスルーに友人とやって来た女は、ベーコン入りのブレックファストサンド「ベーコンビスケット」をオーダーした。ところが従業員が間違えてソーセージ入りの「ソーセージビスケット」を渡したため、女は激怒。「何よコレ、私はソーセージなんか頼んでないわよ!」とサンドイッチをドライブスルーのオペレーターに投げつけた。

その後、マネージャーが中に入り謝罪し、店内に入ってきた女にベーコンビスケットを渡して代金を全額返金した。しかし女の気はまだおさまらず、奥へ消えたマネージャーを追いかけるようにカウンター内へ入って行った。女の様子は、カウンター内と厨房内に設置された監視カメラに捉えられている。

映像では、女はマネージャーに詰め寄り苦情を言っているようだ。そこへそばにいた17歳の従業員が、仲裁しようと女の前に出た。すると女はその従業員を激しく突き飛ばしたのだ。従業員はその弾みで床に倒れ、ポテトを揚げているフライヤーに頭を2度打ちつけた。

従業員は後に病院へ搬送されたが、幸いにもフライヤーからの火傷や目立った外傷もなく、瘤ができているが心配ないと診断された。女は従業員に暴行を働いた後は友人と逃走しており、グレンデール警察がFacebookで女の映像を公開して情報提供を呼びかけた。このニュースを知った人からは「ファストフードが好きそうな顔してる」「間違いなく女なんだよね?」「きっと他の店にも行くはずだから張り込めば」「すぐ見つかりそうな感じだけど」などといった声があがっていたが、多くの情報が寄せられて21日に女は逮捕されたという。なお女には、重暴行と児童虐待の容疑が科せられるということだ。

画像は『Fox News 2018年3月20日付「McDonald’s customer turns violent after receiving wrong breakfast order」(Glendale Police Department/Facebook)」』のスクリーンショット
(TechinsightJapan編集部 エリス鈴子)

×


この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング