【海外発!Breaking News】不倫した妻に見せしめの罰 夫が公衆の面前で百叩き(印)

TechinsightJapan / 2018年3月27日 15時35分

写真

恋人と駆け落ちした妻を公衆の面前で百叩きした夫のニュースがインドから飛び込んできた。女性が叩かれている間、群衆はただ見物しており、後に意識を失った女性に対して性的暴行を働いた。女性の通報で夫と村長らが逮捕されたものの、警察では暴行に加担した30人ほどを調査中だという。『Mirror』『The Sun』などが伝えている。

インドのウッタル・プラデーシュ州ブランドシャールで、恋人と不倫関係に陥った妻(身元は明かされず)への罰として夫のサウダンが群衆の前で妻を吊し上げた。

女性は3月初めに恋人と駆け落ちし、彼と親戚の家に滞在していた。しかし3月10日、サウダンがある人物を介して妻に家に戻るよう説得しやり直すことを求めた。妻はその後サウダンのもとへ戻ったが、村長をはじめとする長老らが姦通罪として罰を与えることを決め、サウダンは公衆の面前で妻の腕を木の枝に縛り付けて吊るし、革のベルトを使って百叩きをした。

見物人のスマホに録画された映像では、サウダンはジャケットを脱いだ時以外は休むことなく妻を叩き、叩かれる度に妻はうめき声をあげている。そして意識不明になった後、群衆の男らに性的暴行を加えられた。意識を取り戻した女性に、男らは「警察には言うな」と口止めして逃げ去ったという。

ひどい怪我をした女性は、その回復を待って1週間後にブランドシャール警察に通報した。その後、警察はサウダンと村長、村長の息子の3人を逮捕したことを明かし、女性を暴行した30人ほどの男についても調べを進めているそうだ。

このニュースを知った人は「いまだにインドってこういうことするんだ」「まるで中世の野蛮行為だな」「これはさすがに残酷で鬼畜」「こんな夫だから逃げたかったんだろう」「不倫したのは女性だけど、ここまでされてかわいそう」といった声があがっている。

画像は『Mirror 2018年3月23日付「Wife is flogged 100 times by husband and then ‘sexually assaulted’ by crowd after she was accused of adultery」(Image: News Lion Media)』のスクリーンショット
(TechinsightJapan編集部 エリス鈴子)

×


この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング