【海外発!Breaking News】反省は口先ばかりのローガン・ポール 国立公園でのバカ騒ぎで通報される

TechinsightJapan / 2018年4月6日 11時0分

写真

「二度とこのような愚かなことはしない」「今後は良質なYouTube動画を発信していく」「世の中のため、そして私を目標としている少年少女のため模範的なユーチューバーを目指す」…。しかし、どんな言葉もやはり信用するには値しなかった。あのローガン・ポールがあらぬ場所で愚行を繰り広げ、またしても警察のお世話になった。

昨年の大みそか、青木ヶ原樹海に潜入してふざけた調子で自殺遺体を撮影した動画をYouTubeに投稿し、世界中の人々から非難を浴びたと思ったら今年1月には来日し、東京・築地市場で買ったサバと酢ダコを手に繁華街で好き放題やらかしていったローガン・ポール。「このお調子者の男に“反省”などあり得ない。言葉だけだ」という声が圧倒的多数であった。

そしてポールは自身の23歳の誕生日であった4月1日、元はスクールバスであったというお馴染みのバス、水色の「The Cool Bus」に仲間を乗せてカリフォルニア州のヨセミテ国立公園に繰り出した。そこが野生動物が暮らす大自然を静かに満喫するための場所であることも忘れ、夜間にもかかわらず爆音で音楽を鳴らしながら、連れてきた仲間とともにド派手に騒いだ。またバスの屋根の上にテントを張り、自分が入ったままバスを走らせたり、何台分もの駐車スペースにまたがってバスを停めていたことなどから通報されたようだ。

ポールは国立公園という場で大騒ぎをし、バスの屋根の上にテントを張るという危険な行為についてパークレンジャーに注意され、キップを切られて罰金の支払いを命じられた。だが世界トップ・ユーチューバーの彼にとってはそれが日常。罰金も痛くも痒くもない額である。あの騒動の直後、涙を流さんばかりの神妙な表情を見せ、反省の弁を繰り返し述べたポール。あれは、世の中が彼に求めた猛省に高い演技力で応えただけなのだろう。このたびのポールは、パークレンジャーの説教を受けながら撮影者に向かってVサインを作っていた。

人というのはそう簡単に変われるものではない。学生の時期を過ぎてもなお愚かな行為、ハチャメチャな大騒ぎを繰り広げるお調子者は、YouTube界では「最高の人気者」としてもてはやされるであろうが、一歩離れたところの人々が湛えている冷たい視線や嘲笑に彼は気づいているであろうか。浅知恵による衝動的な行動も多いポールという男を世の中の常識人は相手にはしていない。

画像は『The Blast 2018年4月2日付「Logan Paul Cited by Park Rangers for Being a D-Bag in Yosemite National Park」(Instagram)』のスクリーンショット
(TechinsightJapan編集部 Joy横手)

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング