1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. 芸能
  4. 芸能総合

【エンタがビタミン♪】古谷徹『名探偵コナン ゼロの執行人』大ヒットにも自然体「人の幸せの量は万人平等」

TechinsightJapan / 2018年5月7日 17時30分

写真

劇場版『名探偵コナン ゼロの執行人』(4月13日公開)でキーキャラクターとなる安室透の声を担当する古谷徹。本作の大ヒットに加え、憲法記念日である5月3日からニコニコ生放送特別企画『特集 日本国憲法』で三石琴乃と24時間朗読、5日にはNHK BSプレミアム『発表!全ガンダム大投票』にゲスト声優として出演する人気ぶりだ。

その彼が『古谷徹 Toru Furuya(torushome)ツイッター』でフォロワーの質問に答えた内容が興味深い。

5月7日、「ゼロの執行人大ヒットしてますが、出演された古谷さんはどんな気持ちでいつも生きてるんですか?」との問いかけに、彼は「声優人生だけ考えると、今がピークかも知れませんが、僕にとっての幸せのベストは公私ともに程々に充実している状態なのです」という。

「人の幸せの量は万人平等」と考える古谷は「今は公が飛び抜けている分、私の方は我慢していますし、気をつけなければなりません」とつぶやいており、浮足立つどころか自戒の念さえ感じられるのだ。

また、「古谷さんは第一線で何十年も活躍し続けていらっしゃいますが、多くの人と一緒に仕事をする上で大切にされている点や、注意をされている点などありましたら、教えていただけないでしょうか」と問われ、「自分のポジションを自覚することでしょうか、座長として隅々まで気遣うか、脇役として座長をサポートするか、ゲストとして自分の役に集中するか、いずれにせよ人間関係は常に相手の立場に思いを馳せる事が大切ですね♪」と返した。

「人間」としての基本を忘れないことは、売れっ子になるほど難しいものだ。それを貫いているからこそ声優での成功があるのだと思わせる言葉ではないか。
(TechinsightJapan編集部 真紀和泉)

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング

ミッション中・・・

10秒滞在

記事を最後まで読む

ミッション中・・・

10秒滞在

記事を最後まで読む

10秒滞在

記事を最後まで読む

エラーが発生しました

ページを再読み込みして
ください