【海外発!Breaking News】世界一の長寿か 推定30歳の誕生日を迎えたイギリスの猫

TechinsightJapan / 2018年6月3日 14時48分

写真

猫の平均寿命は15歳と言われるが、このほど「イギリス一高齢の猫では?」と推測されるデヴォン州に住む老猫が30歳を迎え、飼い主や動物病院スタッフらが誕生日を祝った。『real fix』『Devon Live』などが伝えている。

デヴォン州エクセターに住むミッシェル・フォスターさん(50歳)がメインクーン雑種の“ラッブル”を飼い始めたのは、ミッシェルさんが20歳の誕生日を迎えた1988年5月だった。

「姉の友人の猫が子どもを生んだ中にラッブルがいたのです。当時、私は実家を出てひとり暮らしをしていたので寂しいという思いもあり、1匹の仔猫を分けてもらったのです。」

それ以来、ミッシェルさんとラッブルはいつも一緒に過ごしてきた。当時のミッシェルさんはロンドンに住んでいたが、引っ越すたびにラッブルも連れて行った。そして15年前に、ラッブルは引っ越し用トラックに乗せられてデヴォン州へとやって来た。

子どものいないミッシェルさんにとって、ラッブルはかけがえのない我が子のような存在だという。ミッシェルさんはラッブルの他に“メグ”という猫も飼っていたが、25歳で亡くなっている。しかしこのほどラッブルが推定年齢30歳を迎えたことで、いつも診てもらっている動物病院「City Vet(シティ・ヴェット)」でささやかなお祝いのパーティが行われた。ラッブルには好物のキャットフードと同医院での無料検診がプレゼントされたそうだ。

「ラッブルの正確な年齢は定かではないのです。でも私が20歳になった1988年5月に仔猫だったので、30歳にはなっているはずです。今は高齢だからちょっと気難しいところもありますが、素晴らしい猫ですよ。」

ショーン・ムーア獣医師は、「ラッブルは、恐らくイギリス一高齢の猫なのではと思います。高血圧のために定期的な治療薬が必要ですが、それ以外はとても元気でまだまだ長生きしそうですよ。当医院からの猫用ミルクやキャットフードなどのプレゼントは喜んでもらえたようですが、無料提供した来月分の治療薬についてはあまり嬉しそうではなかったですね」と笑い、ミッシェルさんとともにラッブルの30歳の誕生日を祝った。

ラッブルの推定年齢が間違いなければ、2016年4月にこの世を去った米テキサス州マンスフィールドのシャム猫“スクーター”のギネス世界記録登録年齢「30歳」と同年齢となる。しかしミッシェルさんはラッブルの年齢をギネス登録するつもりはないそうだ。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
テックインサイト

トピックスRSS

ランキング