【エンタがビタミン♪】指原莉乃、映画『カメラを止めるな!』を絶賛 女優・秋山ゆずきが感激「すごすぎる」

TechinsightJapan / 2018年7月19日 10時33分

写真

映画『カメラを止めるな!』(6月23日より公開)は『ゆうばり国際ファンタスティック映画祭2018』ゆうばりファンタランド大賞やブラジル『ファンタスポア2018』インターナショナルコンペ部門・最優秀作品賞など国内外で数々の賞を受賞している。その作品についてHKT48の指原莉乃が7月18日、SNSで「カメラを止めるな! 会う人全員にすすめてるんだけど誰もみてくれない…」とつぶやいた。

上田慎一郎監督が脚本・編集も手掛けた映画『カメラを止めるな!』は、自主映画の撮影隊が山奥の廃墟でゾンビ映画を撮っていたところ、本物のゾンビが現れ、パニックになりながらも監督は大喜びでカメラを回し続けるというものだ。

『桐島、部活やめるってよ』や『紙の月』の吉田大八監督はイタリアでの上映を観て「恐怖、笑い、歓声、拍手! また歓声、そして涙、最後にスタンディングオベーション!」「ぜんぜん盛ってません、ちょっと嫉妬はしたけど」と本作の感想を述べており、指原莉乃が「本当に元気でるから観に行って欲しい~! 内容とか調べずに。本当に面白いから~~!!!」と勧めるのも決して大げさではない。

映画『カメラを止めるな!』でノーカットドラマ主演の女優役アイドルという事実上のヒロイン・松本逢花を演じる秋山ゆずきは、そんな彼女のツイートに気づいて「指原さんが!!!! すごすぎる ありがとうございます」と感激していた。

秋山は、SNSで1年前の撮影をオフショットとともに振り返って「現場にお風呂もシャワーもなかったので、この血まみれを水着で草むらの中ジョウロで洗い流してました 今思うとめっちゃサバイバル笑」と明かすが、まさに自主映画の撮影隊が山奥で撮ったような環境に驚かされる。



画像は『映画『カメラを止めるな!』 2018年6月13日付Instagram「映画「カメラを止めるな!」【女優・秋山ゆずき】』『秋山ゆずき 2018年7月17日付Twitter「#カメラを止めるな ファンの方が最近沢山増えてくれて嬉しいので…」』のスクリーンショット
(TechinsightJapan編集部 真紀和泉)

テックインサイト

トピックスRSS

ランキング