【海外発!Breaking News】8階から落下した猫が直撃 男性が脊椎と首に重傷(伊)

TechinsightJapan / 2018年9月8日 21時0分

写真

偶然事故に巻き込まれ、深刻な怪我をしたイタリアの男性。しかしその事故の原因は1匹の“猫”だった。地元メディア『La Repubblica.it』や英メディア『Metro』などが伝えている。

昨年7月27日に起こった不幸な事故について、現在被害者の男性が訴訟を起こしている。

イタリアのトリノ郊外に住む56歳のこの男性(名は公表されず)は、これまでトリノ中心部へはほとんど足を踏み入れることなく、この日も人生で3度目のトリノ市内行きであったようだ。男性はサンタ・リタ地域にあるマーケットに向かおうと歩いていた。そこへ突然の悲劇が起こった。

8階建てのアパートのバルコニーから猫が男性めがけて落下してきたのである。体重約6キロの猫は男性を直撃し、この衝撃で彼は脊椎と首に深刻な怪我をしてしまった。残念ながら落下した猫は助からず、入院を強いられた男性は完治するまで30日はかかると医師に言われ、リハビリ治療も受けなければならなかったという。

現在、その男性は猫の飼い主である女性を相手に損害賠償金を求めて訴訟を起こしている。女性は既に複数の機関から「ペットの管理責任を怠った」として罰金支払いを命じられていたようだが、男性に怪我をさせた不注意でも起訴されることになり、来週出廷予定となっている。地元メディアは「偶然の結果がとんだ悲劇となる、嘘のような本当の話」と報じている。

画像は『Metro 2018年9月6日付「Man sues woman after her cat died falling on his head」(File picture: REX/Shutterstock)』のスクリーンショット
(TechinsightJapan編集部 エリス鈴子)

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング