【エンタがビタミン♪】新垣結衣×松田龍平『獣になれない私たち』オフショットに脚本家・野木亜紀子「撮った人と握手したい」

TechinsightJapan / 2018年9月18日 19時58分

写真

新垣結衣と松田龍平のダブル主演による日本テレビ系水曜ドラマ『獣になれない私たち』が10月10日よりスタートする。脚本はTBS系ドラマ『重版出来!』(2016年4月期)や『逃げるは恥だが役に立つ』(2016年10月期)とヒットを連発し、さらに『アンナチュラル』(2018年1月期)ではオリジナル脚本で注目を集めた野木亜紀子さんが手掛ける。

9月15日、『獣になれない私たち』の番組公式Twitterで「気がつくと、フォロワーさん3万人超えてました!! ありがとうございます ぺっこり」とツイートしたところ、その投稿画像に野木さんが反応した。

そこには控室で談笑する新垣結衣と松田龍平の姿が見られ、彼女は『アンナチュラルな野木亜紀子(nog_ak)ツイッター』にてRTすると「この写真素晴らしい。撮った人と握手したい。 #けもなれ」とつぶやくほど気に入ったようだ。

野木さんのツイートに、フォロワーも「おふたりが居る空間の雰囲気とか。色合いも素敵だなーって思いました。鏡に映ってる表情とか。素の笑顔 こういうの、見せてもらえて嬉しいです」「お二人の佇まいが素敵だなぁと拝見した時思いました とっても自然な感じで良いですね」と共感していた。

『獣になれない私たち』は新垣演じるEC構築会社の営業アシスタントで「全方位に気を遣うすり減らし女」の深海晶(30歳)と、松田演じる人当たりがよく女にモテる敏腕会計士ながら、ヤバイ案件に関わり「もう、俺の人生、なるようになれ…」と頭を抱える根元恒星(33歳)を中心に描いていく。

そんな2人に関わる人々を田中圭、黒木華、菊地凛子、田中美佐子、松尾貴史、山内圭哉、犬飼貴丈、伊藤沙莉、近藤公園、一ノ瀬ワタルといったキャスト陣が演じる。

コピーでは「脚本家・野木亜紀子が現代に生きる人々のリアルに徹底的にこだわって描く、『全ての頭でっかちな大人』に送る、新しいラブストーリーがはじまります!」と謳っており、どのような展開になるのか楽しみだ。

画像は『【公式】獣になれない私たち 10月10日(水)夜10:00スタート 2018年9月15日付Twitter「気がつくと、フォロワーさん3万人超えてました!!」』のスクリーンショット
(TechinsightJapan編集部 真紀和泉)

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング