【海外発!Breaking News】旅行中、自宅に放置していた卵からヒナが誕生(露) 

TechinsightJapan / 2018年9月19日 18時56分

写真

このほどロシアで、旅行から帰宅したカップルを驚かせる出来事が起こった。留守中、スーパーで購入した卵が孵化していたのである。『Metro』などが伝えている。

モスクワのアパートに住むイリーナさんとパートナーは、3週間ほど旅に出ており、帰宅すると妙な音を耳にした。

聞きなれないその音を、最初は電子機器が故障した警告音と勘違いしたカップルだったが、キッチンへ行くとその正体が判明した。イリーナさんたちは出かける前にスーパーマーケットで卵を買い窓枠へ置いていたのだが、留守中にその数個が孵化していたのである。中にはまさに孵化が始まっていた卵もあった。

ピヨピヨと可愛い声をあげながらキッチンを歩くヒヨコに驚いたカップルは、急いでペットショップへ出向きヒヨコを温める専用のランプを購入した。更に箱に干し草を入れて鳥かごを作り、餌を与えた。ヒヨコはイリーナさんの掌から餌をついばみ、すっかりなついたようだ。カップルはこのサプライズを近隣住民や友人らに知らせ、その日の夜は、ヒヨコが死にはしないかと気になって一睡もできなかったという。現在、孵化した数羽のヒヨコは元気にしており、カップルはこのヒヨコをどうするかはまだ決めていないということだが、衛生監視局には報告するつもりはないと話している。

なお英メディア『Metro』によると、スーパーで購入した卵が孵化するというニュースは2014年にもイギリスで起こっている。サリー州に住む6児の母マンディー・クレイトンさん(49歳)は、BBQ用にと高級スーパーマーケット「Waitrose(ウエイトローズ)」で12個入りのウズラの卵を購入した。8個を使用し、残りの4個は後で使おうとそのままキッチンに置いておいたのだが、数日後にはそのうちの1個からウズラのヒナが孵り、一家を大いに驚かせたそうだ。

画像は『Metro 2018年9月18日付「Woman claims chicks hatched from supermarket eggs while she was on holiday」(Picture: CEN)』のスクリーンショット
(TechinsightJapan編集部 エリス鈴子)

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング