【海外発!Breaking News】工場長、悪質なイタズラで従業員を死なせ逃亡(印)

TechinsightJapan / 2018年9月24日 10時14分

写真

普段から使用している機械がどれほどの威力を持つか、十分理解していたであろうにもかかわらず、従業員にその機械を使ってイタズラを仕掛け死なせるという事件がこのほどインドで起こった。『Mirror』などが伝えている。

9月3日、インドのマハーラーシュトラ州コールハープルにある工場で、男性従業員のアディティア・ジャーダヴさんが現場監督である上司のラケシュ・ワグモアに悪質なイタズラを仕掛けられた。

工場内に設置された監視カメラが捉えた映像によると、アディティアさんはラケシュに呼ばれたのか、彼のいるところへ近付いていった。するとラケシュはアディティアさんに工場で使用している圧縮空気ホースをあて始めた。頭、首、背中と後ろから強力な空圧を与えられるもその場でじっとしていたアディティアさんだったが、ラケシュが突然アディティアさんのズボンを下げ肛門にホースを入れると、床に倒れこんだ。

周りの従業員らは気付いていても作業の手を止めると怒られることを気にしたのか、もしくは気付いていないのか、誰一人として倒れたアディティアさんに駆け寄る者はおらず、一方のラケシュは苦悶の表情で動けないアディティアさんをその場でしばらく見ているだけで、全く慌てる様子を見せていない。

この後アディティアさんは病院へと搬送されたが、腸が深刻な損傷を受けており、事件から15日後の18日に死亡した。加害者のラケシュは事件当日から行方がわからなくなっており、警察が捜索中である。こうした悪質なイタズラにより命を奪われる事件は、今年の3月にもデリー近郊の工場で起こっている。従業員の男性が、仕事を紹介した同僚の男に圧縮空気ホースを肛門に挿入されるという悪質極まりないイタズラをされ、臓器損傷と内部出血で治療中に死亡した。

画像は『Mirror 2018年9月21日付「Boss accidentally kills worker by blasting compressed air up his BUM in horrific prank」(Image: News Crunch / SWNS.com)』のスクリーンショット
(TechinsightJapan編集部 エリス鈴子)

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング