【エンタがビタミン♪】深田恭子、愛犬と年末のご挨拶 「ワンちゃんより可愛いってヤバくない?」の声も

TechinsightJapan / 2018年12月30日 11時0分

写真

女優の深田恭子が、インスタグラムで年末のご挨拶とともに愛犬とのツーショットを披露している。2019年1月15日スタートの連続ドラマ『初めて恋をした日に読む話』(TBS系)のロケの合間、散歩をしながら撮った写真だという。

火曜ドラマ『初めて恋をした日に読む話』は、少女漫画誌『Cookie』(集英社)で連載中の持田あきによる同名漫画が原作。恋も仕事もしくじっている超鈍感なアラサー女子(深田恭子)が、東大卒のエリートサラリーマン(永山絢斗)、東大志望の不良高校生(横浜流星)、元ヤンキーの高校教師(中村倫也)とタイプの違う3人の男性からアプローチされるラブコメディである。

年末も同ドラマの撮影で忙しい深田が、29日の『深田恭子 kyokofukada_official Instagram』に“言ってみたかった”という「今年も残りわずかとなりましたね。平成最後の年末を如何お過ごしでしょうか」との挨拶文を掲載。愛犬を抱いて、「2019年は新たな元号のもと新たな気持ちで邁進してまいりたいと思います」と来年の抱負も述べている。

コメント欄には「今年一年深キョンの笑顔に癒されました 今年も可愛い深キョンが沢山見られて幸せでした」「年齢を重ねてもお綺麗なので憧れます」「ワンちゃんより、可愛いってヤバくない?」の声や、「新春のドラマ、とても楽しみにしています」「原作大好きで今回実写版きょんちゃんですっごく嬉しかった」と新ドラマを期待する声も見受けられた。

画像は『深田恭子 2018年12月29日付Instagram「今年も残りわずかとなりましたね」』のスクリーンショット
(TechinsightJapan編集部 みやび)

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング