【エンタがビタミン♪】アレクサンダー 『おかあさんといっしょ』よしお兄さん卒業にショック! 「子供になんて伝えれば…」

TechinsightJapan / 2019年2月19日 12時0分

写真

NHK教育テレビの人気子供向け番組『おかあさんといっしょ』の“たいそうのおにいさん”を14年間務めてきた小林よしひさが、3月末で番組を卒業することが発表された。子供と一緒に同番組を見ていた保護者を中心に、「お疲れ様でした」「なんだか寂しい」などの声がネット上で多数見受けられる。

「ぱわわぷたいそう」「ブンバ・ボーン!」でお馴染みの11代目たいそうのおにいさん・小林よしひさの卒業に衝撃を受けたのは、芸能人でも幼い子を持つ親なら同じだったようだ。タレントのアレクサンダーも2017年8月に誕生した長男が「ブンバ・ボーン!」のファンで、“ショック!! よしお兄さん 涙”と題して18日のオフィシャルブログを更新している。

「短い間でしたが、よしお兄さんありがとうございました」と文頭、父親として丁寧に礼を述べるアレクサンダー。特に息子の機嫌が悪い時は、「ブンバ・ボーン!」の体操と遊び歌のお世話になったらしい。さらに追い打ちをかけたのは、“身体表現「パント!」のおねえさん”の上原りさも同じく3月末で卒業することだ。

よしお兄さんの変顔が大好きだった我が子に、「なんて伝えるべきか?」とまだ2月も終わっていないがアレクサンダーは今から悩んでいる。

画像は『アレクサンダー 2019年2月18日付オフィシャルブログ「ショック!! よしお兄さん 涙」』のスクリーンショット
(TechinsightJapan編集部 みやび)

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング