【エンタがビタミン♪】北川景子×イモトアヤコ、ボウリングウェアで“万智&美加コンビ”ショット

TechinsightJapan / 2019年2月22日 16時20分

写真

日本テレビ系水曜ドラマ『家売るオンナ』シリーズで主人公となるテーコー不動産のスーパー営業ウーマン・三軒家万智役を務める北川景子と、営業が苦手な社員・白洲美加役で共演したイモトアヤコは本作を通じてプライベートでも仲良くなったという。

2019年1月9日よりスタートした第2シリーズ『家売るオンナの逆襲』では、三軒家万智(北川景子)が課長の屋代大(仲村トオル)と結婚して夫婦でテーコー不動産に勤めながら私生活は謎。一方の白洲美加(イモトアヤコ)は離婚してバイト生活を送るが、万智との関係は続いている。

2月20日放送の第7話では、フリーランスの不動産屋で万智のライバル・留守堂謙治(松田翔太)が互いの顧客に勧めた物件がバッティングしてしまい、留守堂の提案で家を巡って「万智 vs 留守堂」がボウリング対決することになる。

放送前に【公式】日テレ「家売るオンナの逆襲」公式Twitterでは、「家を賭けて仁義なきボウリング対決!? 万智&美加コンビが最高」とボウリングウェアを着てボールを手にポーズをキメる北川景子とイモトアヤコの姿を公開した。

本編では白洲美加がボウラーネーム「ダイナマイト美加」を名乗るほどボウリング好きと分かり、三軒家万智を特訓するのだ。留守堂との対決では万智がしこ踏みポーズから両手で投げるまさかのフォームで臨み善戦、ゲームを終えてスコアは「留守堂 300―万智 299」となるが…。

画像は『【公式】日テレ「家売るオンナの逆襲」 2019年2月20日付Twitter「今夜10時!!「家売るオンナの逆襲」第7話」』のスクリーンショット
(TechinsightJapan編集部 真紀和泉)

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング