【海外発!Breaking News】ガス爆発で親子3人死亡 インスタント麺の吹きこぼれが原因か(台湾)

TechinsightJapan / 2019年3月14日 10時57分

写真

台湾・宜蘭県蘇澳鎮で9日夕方、2階建ての住宅で爆発事故が起き、この家に住む親子3人が死亡した。調べによれば、インスタント麺の吹きこぼれによるガス漏れが原因と見られている。『TVBS新聞網』『自由時報』などが伝えた。

事故があったのは午後5時半頃。通報を受けた消防隊員らが駆けつけた時には、住宅全体が炎に包まれていた。火はおよそ1時間後に消し止められたが、2階からこの家に住む男性(36歳)とその妻(32歳)、そして生後8か月の長男の遺体が見つかった。この家は三世帯で暮らしていたが、祖父母は旅行に出かけていたため難を逃れた。

近隣住民は「“ドーン”と大きな音の後ガラスが割れる音がして、空襲のようだった」と話している。また現場からおよそ400メートル離れた場所に住む人は、地震のような揺れを感じ慌てて家の外へ飛び出したそうだ。この事故により、近隣の12軒でガラスが割れる、窓やドアが変形するなどの被害があった。

消防局によれば、事故があった家の窓や壁が外側に向かって倒れていることから、ガス爆発で間違いないという。1階で爆発が発生し、2階部分へ燃え広がったようだ。また、台所のガスコンロにインスタント麺が入った鍋があったことから、吹きこぼれでガス漏れを起こし、それが引火したのではないかと見られている。

当時、家の中には一般家庭用のプロパンガスボンベ16kgが4本、5kgのボンベが1本あった。消防局では、なぜこれほど大きな爆発が発生したかについて調べを進めるとしている。

画像は『TVBS新聞網 2019年3月10日付「只是煮泡麵開燈! 竟釀宜蘭氣爆害3命」(圖/TVBS)』のスクリーンショット
(TechinsightJapan編集部 片倉愛)

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング