【海外発!Breaking News】バス走行中に運転手が脳卒中 ハンドル握りしめ無事停車(台湾)

TechinsightJapan / 2019年4月5日 10時0分

写真

台湾・新北市三峽区で走行中のバスのドライバーが脳卒中を起こし、バスを緊急停止させる事故が起きた。ドライバーの男性は発作後も約30秒間ハンドルをコントロールし、300メートル近く走行して路肩に停車、被害を最小限に止めたという。バスは緊急停車の際に近くに停めてあった原付バイク15台と地上用変圧器に衝突したが、幸い乗客や歩行者にけが人はいなかった。『自由時報』『TVBS新聞網』『三立新聞網』などが報じた。

事故があったのは3日の午前10時頃、三峽区復興路で台北客運939番のバスが歩道に設置されていた地上用変圧器と駐輪スペースにあった原付バイク15台に衝突して停車した。運転していたのは47歳の男性ドライバーで、発作が起き減速を試みたが衝突は防ぎきれなかったようだ。

当時、車内には30人あまりの乗客がいた。ある乗客は降りる停留所が近づいていたため、扉付近に立っていたそうだ。ドライバーが苦しそうな表情を浮かべ、しばらくするとバスが斜めに進み事故が起こったという。ドライバーと顔見知りの乗客がドライバーに声をかけに行ったところ、ドライバーは力なく座り、上手く話せなくなっていたことから慌てて通報したという。

駆けつけた警察と消防によれば、ドライバーは運転席に力なく座りながらも両手はハンドルを握りしめていたそうだ。病院での検査の結果、脳卒中を起こし右手に力が入らなくなっていたことがわかった。すでに手術を受け、状態は落ち着いているとのことだ。

新北市政府警察局三峽分局によれば、939番のバスは台北市政府を出発した後、快速道路とフォルモサ高速道路を経由して三峽区へ向かう路線で、万が一、快速道路上や高速道路上で発作が起きていたら大事故になっていた可能性もあるという。捜査関係者は「三峽区で事故が起きたのは不幸中の幸いだった」と話している。

男性が勤める台北客運の代表は、この事故による損害賠償は会社が負担するとし、発作を起こしながらも適切な処理をしたドライバーを労った。ドライバーの男性は勤続16年目で勤務態度も良く、乗客からの評判も良いそうだ。事故に居合わせた常連の乗客らはドライバーの一日でも早い回復を祈っているという。

画像は『TVBS新聞網 2019年4月3日付「公車司機突然中風! 連撞路邊15輛機車」(圖/TVBS)』のスクリーンショット
(TechinsightJapan編集部 片倉愛)

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング