【エンタがビタミン♪】水卜麻美アナが“小籠包の肉汁を吸う”姿に絶賛の声 「食べてる姿が素敵すぎる」

TechinsightJapan / 2019年4月28日 14時30分

写真

日本テレビの徳島えりかアナウンサーが、“大好きな先輩”とロケで「小籠包を食べてきました」と報告した。その“大好きな先輩”は今月に春休みを取り、妹と米ニューヨークで食べ歩きを楽しみ帰国したばかり。今回のロケでも美味しそうに小籠包の肉汁をストローで吸っている。

2019年4月から朝の情報番組『ZIP!』(日本テレビ系)で桝太一アナと共に総合司会を担当している徳島えりかアナ。同じ慶應義塾大学出身で1年先輩の水卜麻美アナを慕い、プライベートでも行き来する間柄だ。水卜アナは現在『スッキリ』のサブMCを務めており、2人揃って日本テレビの朝の顔として頑張っている。

26日の『徳島えりか(日本テレビアナウンサー)tokushima_erika Instagram』によると、この日の2人は『ZIP!』のロケで小籠包を食べたという。「#中の肉汁をストローで吸うスタイル」の小籠包で、水卜アナは大きな目をさらに大きくして肉汁を吸い込んでいる。見ている人を思わず「食べてみたい!」と言わせるような表情で、徳島アナは「#やっぱり映えるんだよな、先輩は」と感心しきりだ。

コメント欄には「徳島アナウンサーも水卜アナウンサーもかわいくて羨ましい」「やはり(水卜アナは)画になる。徳島! しっかり吸え~」「水卜ちゃんは食べてる姿が素敵すぎる」「出た~食の神が舞い降りた」などの声が届いており、食べ物のロケで徳島アナはまだまだ水卜先輩には敵わないようだ。

画像は『徳島えりか(日本テレビアナウンサー) 2019年4月26日付Instagram「大好きな先輩と大好きな小籠包を食べてきました」』のスクリーンショット
(TechinsightJapan編集部 みやび)

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング