【エンタがビタミン♪】山本彩、石川さゆりや布袋寅泰らと並ぶ『日比谷音楽祭』記念写真に「凄い方々」の声

TechinsightJapan / 2019年6月2日 16時40分

写真

山本彩が6月1日に日比谷野外音楽堂で開催された『日比谷音楽祭』に出演した。彼女は自身のTwitterで「記念すべき第1回に携わる事が出来て本当に光栄です」と心境をつぶやき、出演者たちと並ぶ記念写真を投稿してフォロワーの注目を集めている。

同音楽祭の実行委員長を務める亀田誠治をはじめKREVA、JUJU、小学生ドラマー・よよか、石川さゆり、ゴダイゴのタケカワユキヒデとミッキー吉野、布袋寅泰という面々との共演を「世代もジャンルも超えた素晴らしい音楽・ステージに刺激され一参加者としても楽しませて頂きました!」と振り返る山本彩。

彼女自身はソロとなって初のシングル『イチリンソウ』やAKB48の『365日の紙飛行機』を歌ったが、豪華アーティストたちのステージを目の当たりにできたのは貴重な経験になったことだろう。



山本彩の投稿には、NHKエンタープライズ・石原真プロデューサーから「ゲストの皆さんのパフォーマンスも凄かったけど、バンド! カースケさんドラム、亀田さんベース、佐橋さんギター、有太さんキーボードを従えて歌うのはそりゃ凄いです。山本彩の勇姿を客席から誇らしく見てました」とコメントが届いた。

他にも、「彩ちゃん、お疲れ様でした! 凄い方々との写真やん 第1回に携わって次は第2回やね」、「緊張したでしょうが、素晴らしいステージでした。色々な思いが駆け巡り、目から汗がいっぱい滲みました」、「会場で観てたよ 錚錚たる顔ぶれの中にさやかちゃんがいるのが感激です。いっぱい刺激を受けて学んでいってね。イチリンソウを初めて聴いて感動した人がいっぱいいると思います♪ 亀田誠治さんには感謝しかありません」などの反響が寄せられている。

画像は『山本彩 2019年6月1日付Twitter「今日は「#日比谷音楽祭」に参加させて頂きました。」』『YOYOKA(9year old drummer) 2019年6月1日付Twitter「本番前、山本彩さんと。」』のスクリーンショット
(TechinsightJapan編集部 真紀和泉)

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング