【エンタがビタミン♪】モー娘。『人生Blues』にBEYOOOOONDS『眼鏡の男の子』でハロプロ“巻き返しの夏”なるか

TechinsightJapan / 2019年6月4日 17時25分

写真

モーニング娘。’19が6月12日に発売予定の67枚目シングル『人生Blues/青春Night』から『人生Blues』のミュージックビデオが先行公開されて注目を集めている。YouTubeで視聴したファンから「おいつんく、また昭和歌謡の良さを現代っぽく仕立てたんかい、最高です」、「人生ってなんとも無理な場面から、なんとかするからなんとかなる。諦めたらただの人。つんくさんは、いいこと言うなぁ」と称賛されるように、“つんく♂イズム”が詰まった人生の応援ソングである。

しかもつんく♂らしさを残しながら、これまでの作品より洗練された感じがある。モー娘。ファンでなくとも受け止めやすくなった分、より多くから支持されて愛されるナンバーとなりそうな予感だ。

モー娘。9期メンバーでリーダーの譜久村聖がブログで「MV撮影が2パターンなのも久しぶりでした」「スタジオではダンスショット、リップシーンと360°カメラ撮影」「なんと!! 使ったカメラ数は60台以上」と裏を明かす映像は、メンバーが清掃員や宅配業者、ADなどに扮して働くシーンとダンスシーンからなる。

厨房で働く場面にエプロン姿で登場する14期メンバー森戸知沙希がブログで「お皿割っちゃうやつ難しかった」と撮影を振り返れば、10期でサブリーダーの石田亜佑美は「歌詞がすっごく、すっごく深いんです、難しいけど、、、そしてMVも謎が多いような!?」「つまり人生Bluesは、歌、ダンス、MV、いろんな楽しみ方ができます!」と評している。

そんなモーニング娘。’19を筆頭に、ここのところハロプロが熱い。3月5日放送のNHK総合『うたコン』には、ハロプロ・オールスターズとして「モーニング娘。’19、アンジュルム、Juice=Juice、カントリー・ガールズ、こぶしファクトリー、つばきファクトリー、BEYOOOOONDSの全7グループからなるユニットが生出演した。

なかでも昨年10月19日に結成されたばかりのBEYOOOOONDSが、NHKの音楽番組に登場した意味は大きいだろう。そのBEYOOOOONDSは今年の4月に初主演舞台『演劇女子部「不思議の国のアリスたち」』を上演、さらに8月のメジャーデビューが決定している。

デビューシングル表題曲『眼鏡の男の子』はライブステージで披露しているナンバーで、通学する女子高生たちによる恋物語を演劇風に仕立てたパフォーマンスはハロプロの新しい可能性を思わせる。

6月11日の『うたコン』は、そのBEYOOOOONDSとこぶしファクトリーが出演する予定だ。民放の音楽番組に登場する機会が少ないハロプロだがNHKとは縁があるようで、この夏は人気を巻き返して大晦日の「紅白」に希望をつなぎたい。



画像は『モーニング娘。’19 13期・14期 2019年6月2日付オフィシャルブログ「『MV公開されましたあ!』森戸知沙希」』『BEYOOOOONDS 2019年5月7日付Instagram「#うたコン 終了しました~」』のスクリーンショット
(TechinsightJapan編集部 真紀和泉)

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング