【海外発!Breaking News】道路を歩いていた水牛に衝突 原付ドライバー死亡(台湾)

TechinsightJapan / 2019年6月18日 10時55分

写真

台湾・台東県東河郷の省道、台11号線(東海岸公路)で16日夜8時頃、原付バイクを運転していた女性が道路にいた水牛に衝突し死亡する事故が起きた。目撃者によると事故後、水牛は動じることなく歩いて行ったという。『聯合新聞網』『自由時報』などが伝えている。

事故があったのは東海岸公路の七里橋付近。原付バイクを運転していた女性(32歳)が道路を歩いていた水牛に衝突して転倒し、心肺停止の状態に陥った。後方を走っていた乗用車の運転手が119番通報し、電話で指示を受けながら救急隊が到着するまで心臓マッサージを行ったという。しかし懸命な努力もむなしく女性は病院搬送後、夜11時頃に死亡が確認された。

東河郷や隣接する成功鎮では渓流のほとりや田野で水牛の放牧が行われており、省道脇の放牧区には電気柵が設置されているものの牛が脱柵することもあるという。同地区では2年前にも乗用車3台が水牛に衝突し、車が全壊する事故が発生していた。交通部公路総局は道路に「動物注意」の標識を設置し、ドライバーたちに注意喚起していたが、ついに死亡事故が起きてしまった。

警察の調べによりその後、事故に遭った水牛が見つかったが、水牛の所有者は分かっていない。ある警察官によれば、水牛との衝突事故において人間は無事で牛が死ぬことがあったが、牛の所有者を名乗る者は現れなかったそうだ。「今回は人が亡くなっているので、所有者が名乗り出る可能性はさらに低いだろう」と漏らしている。

警察は現在、水牛の所有者特定につながる手がかりを集めているということだ。

画像は『聯合新聞網 2019年6月17日付「女騎士暗夜省道撞牛亡 警方追查肇逃水牛及飼主暫無獲」(聯合報系資料照片)』のスクリーンショット
(TechinsightJapan編集部 片倉愛)

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング