【テック磨けよ乙女!】猛暑対策ブラジャー“夏ブラ”体験会実施 真夏日でも「サラッとしている」「段になりにくい」の声

TechinsightJapan / 2019年6月19日 16時12分

写真

気象庁による最新の3か月予報によると、2019年も平年並みの暑さは避けられないようだ。少しでも涼しく過ごせるように、さまざまな工夫を凝らしたいところだが、なかでも女性の必須アイテム“ブラジャー”は肌に直接触れるため、その部分が汗をかきやすく不快感を覚える人も。しかしトップスやボトムスなどは素材や形など夏仕様に衣替えしても、ブラジャーは一年中同じアイテムを着用しがちだ。そこで、このたび夏を快適に過ごせるように工夫されたブラジャー“夏ブラ”の体験会がワコールにて実施されたという。夏ブラとは一体どのようなものなのか。

「ワコール人間科学研究所」で開催された体験会には、30代~50代のモニター6名が参加した。同所の環境試験室で真夏日(気温29℃~33℃、湿度50%~70%)を再現し、うだるような暑さのなかで、熱いお茶を飲んだり、踏み台で運動したりすることで体温を上昇させた。その際に着用したのが、「ウイング」の『ときはなつブラDry』だ。



その後、体験者に感想を聞いたところ「軽い、きつくない、べたっとしにくい」「サラッとしているブラ」「汗をかいてもサラサラしている」など爽やかさを感じたという声が寄せられた。他にも「らくなつけごこちなのに脇胸がすっきり」「脇や背中もスムーズで段になりにくく嬉しい」との意見もあったが、汗や暑さ対策に加えて、夏は薄着になるためブラジャーの締め付けで背中や脇に段ができるのはなんとしても避けたいもの。今回着用した『ときはなつブラDry』には、カップ&ワイヤー肌側、バックには汗を吸って素早く乾く「吸汗速乾素材」を使用し、脇高設計などで脇や背中が段差にならない工夫を施し、フロントをVカットにすることで圧迫感を少なくしているという。

また、夏をさらに快適に過ごすためのアイテムとして『ときはなつブラCool』が6月に発売された。こちらは、カップ肌側、ワイヤーループ、台布肌側に吸汗速乾素材を使い、カップは通気性を追求しメッシュ素材を採用した。いずれのブラジャーもカラーバリエーションがあり、ファッション性も高く、一見して夏ブラとは分からない。お揃いのショーツなども用意され、上下でセットアップして着用することも可能だ。



ワコールでは、「夏は“夏ブラ”」が新常識になることで、多くの女性に夏の暑い環境でも快適に過ごして欲しいという。夏を少しでも涼しく乗り切りたいという人は、肌に直接触れるランジェリーから検討してみるのも一案かもしれない。
(TechinsightJapan編集部 高沢みはる)

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング