【エンタがビタミン♪】モー娘。新メンバーや年長組についてつんく♂が言及 「譜久村や石田は40歳現役とかね」とも

TechinsightJapan / 2019年7月9日 21時0分

写真

モーニング娘。及びハロー!プロジェクトの総合プロデューサーとして多くのアイドルを育ててきたつんく♂、現在はモーニング娘。の音楽プロデュースを手掛けている。6月12日に発売されたニューシングル『人生Blues/青春Night』も彼が作詞・作曲・プロデュースを担当しており、7月9日に『つんく♂オフィシャルブログ』でライナーノーツを公開した。楽曲へ込めた思いを分かりやすく解説した興味深い内容で、さらに新メンバー加入に触れつつ年長メンバーの今後に言及している。

『青春Night』については「ファンクな要素を取り入れたディスコサウンド」と解説するなか、歌詞のコンセプトを「この曲で言いたいことはたった一つ。落ち込んでる時間自体が勿体無いってこと」とズバリまとめる。子どもの頃は失敗して怒られても翌朝はケロッと忘れたものだが「なんで、大人になると心が折れるんだろうって、我が子なんて見てても思います」という父親らしい視点も反映されているようだ。

モーニング娘。’19メンバーは歴代メンバーや過去の業績と比較されるプレッシャーもあるだろうが、つんく♂は「現状のベストに挑んで、自分として楽しみ成長してほしいなってそう思います。ガラガラゴー!ですよ。本当に」とエールを送る。彼女たちも『青春Night』を歌いながらそうした思いを受け止めてくれるだろう。

そして『人生Blues』はまず「よく聞いてほしいんですが」とAメロで歌詞のディレイのように聞こえるこだわりを解説している。「怖がるな(お・あ・あ・う)」「戸惑うな(お・あ・お・う)」とメインボーカルの後から効果音のように入るのは「声をパーカッションみたいにして弾(はじ)きたかった」ため、音声加工ではなくメンバーの声で録ったものだ。

事務所から「メロディアスで往年の歌謡曲みたいなさ、口ずさみたくなるやつ頼むよ」とのオーダーを受け、「哀愁感のある短調メロディー」「特にサビのメロディーにポイントをもってきました」というサウンドに次のような思いを乗せている。

「実は人生って、誰もが何度も極限を乗り越えてきてるんですね。なんとかしてきたわけです。『あかん、もう無理』って思った事あるでしょ!? 『諦めちゃならない』とか聞き飽きた言葉かもしれませんが、結果『なんとかした奴だけが次に進む。』そんな気になったので、それを歌にさせてもらいました」という。これを踏まえてMVを見るとより実感できる。

新曲について語ったつんく♂は、モーニング娘。’19に「飯窪が卒業し、また新メンバーが加入したようですが、譜久村や石田あたりは過去のモーニング娘。の歴史を覆すような40歳現役とかね。そんな度肝を抜くような新しい人生を歩んでほしいです」と大胆に提言する。

AKB48を生んだ秋元康は2017年4月19日、小嶋陽菜の卒業公演で「30歳過ぎてもAKB48にいてくれたらいいな…」と手紙に書いたが、つんく♂はさらにその上をいく「40歳現役」という構想を持っているのかもしれない。

また、『モーニング娘。’19 LOVEオーディション』に合格して6月22日に15期となる新メンバーとして発表された岡村ほまれ(14)、北川莉央(15)、山崎愛生(13)の3人に向けて、つんく♂は「新メンバーほど大変になるのが、こういう歴史あるグループのメンバーになること」と念を押す。

「数百曲はあると思われるモーニング娘。の曲をメンバーが知らないのも本当は変なのかもしれないけど、実際問題無理な面もあるとは思いますが、そこをなんとかするも人生。また違う方法でなんとか乗り切るも人生」「これまた素敵な出会いであること信じております。 がんばれ!」との言葉を胸に、新メンバーは『人生Blues』を噛みしめながら歌ってくれそうだ。

つんく♂のライナーノーツには、熱いコメントが多数寄せられており「音楽の細かいことはことわかんないんですけど、私モーニング娘。好きです。楽曲もたくさん好きです。つんくさんがそこに注いできた愛情、情熱どれほどのものなんだろうっていつも感じます…メディアに消費されるようなアイドルじゃなくて人に愛されるアーティスト。そんなグループでこれからもいてください」、「2曲ともコンサートの初披露で聴きましたが、歌詞やメロディーを含め一気に引き込まれました…『うん、これはつんくさんじゃないと作れない曲だ』ともつくづく思いました。今のモーニング娘。にぴったりハマります」などの声が見受けられた。

画像は『モーニング娘。’19 2019年6月22日付Instagram「1月から行われていましたモーニング娘。’19 LOVEオーディションの合格者が本日発表されました!」』のスクリーンショット
(TechinsightJapan編集部 真紀和泉)

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング