【海外発!Breaking News】割礼が「イヤ」 5歳男児、屋根の上に2時間居座る(インドネシア)

TechinsightJapan / 2019年7月17日 21時30分

写真

一部の宗教では信仰の一環として幼いうちに割礼という儀式を行うことがある。このほどインドネシアで、どうしても割礼を受けたくない5歳男児が逃げ出して屋根の上に数時間居座ってしまう出来事があった。『The Sun』『Mirror』などが伝えている。

インドネシアのジャワ島セランで、開業医のアニック・スタリ医師(Dr. Anik Sutari)が5歳男児の割礼の処置を施そうとした際にその子に逃げられてしまったことをFacebookに投稿したところ、人々の関心を集めた。

インドネシアは人口の約9割がイスラム教徒で、そのしきたりとして男子は幼いうちに性器の一部を切除する割礼が行われる。地域によってその目的は様々だが、男子は衛生面と性感染症の予防のため、女子の場合は女性器切除をすることでふしだらな女性に育たないようにという理由があるようだ。

そして今回、5歳男児が割礼のため両親とともにスタリ医師の診療所を訪れた。ところがどうしても割礼を受けたくなかった男児はその場から逃げ出し、外に出て診療所の屋根にのぼり、そのまま降りるのを拒んでしまった。

両親は慌てたが、無理に引きずり降ろそうとすれば息子が屋根から転落する危険もあって為す術がなかったという。この時スタリ医師が撮影した写真には、屋根にまたがった男児がぼうぜんと空を眺めている様子が捉えられており、その姿はどこか哀愁が漂う。

2時間ほどそんな状態が続いたが、両親は息子が最も信頼している学校の先生に説得してもらおうと思い立ち、連絡を入れた。そして駆けつけた先生が男児に語りかけると、すぐに屋根から降りてきたそうだ。スタリ医師は当時のことを次のように話している。

「先生が来て少し話しただけなのに、その子は屋根から降りてきました。驚くべきことに、割礼する部屋まで案内すると自らその場所まで歩いて、処置の間も特に抵抗することもなかったんですよ。」

無事に割礼を終えたが、男児は不平を言うことや泣くことも無かったという。処置にかかった時間は10分程度だったそうだが、屋根にいた2時間を考えると長い処置時間となってしまったようだ。

スタリ医師は子供達の割礼を20年間行ってきたが、今回のように屋根に逃げた子は初めてだったという。

この出来事にFacebookのユーザーからは、男児を説得した先生に対して「素晴らしい」といった称賛のコメントがインドネシア語で寄せられた。しかし英語圏の何人かのユーザーからは、割礼について「それは虐待と同じだ」という否定的な意見もあがっている。

ちなみに幼い子の割礼はインドネシアに限ったことではなく、フィリピンでは毎年3月から5月の間に何千人もの男児が各小学校で一斉に割礼を受けている。

画像は『Anik Sutari 2019年7月8日付Facebook「Sepanjang sejarah profesiku, 20 tahun nyunat, dan dari ribuan anak yg udah sy sunat, baru kali ini anaknya kabur sampai naik ke atas genteng」』のスクリーンショット
(TechinsightJapan編集部 MasumiMaher)

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング