【エンタがビタミン♪】神田うの、元NHKアナ青山祐子さん産休批判に「批判する社会がおかしい」

TechinsightJapan / 2019年7月16日 14時25分

写真

タレントの神田うのが、友人たちとアワビ、マツタケ、ドンペリニヨンなど超豪華なバーベキューを堪能した。毎年恒例だという海辺のリゾート地、神奈川・葉山で開催されたこの集いのホスト役だったのは元NHKアナウンサーの青山祐子さん夫妻で、神田はインスタグラムで青山さんとの写真を披露して文章を綴り、長年親交のある彼女を擁護するため熱弁をふるっている。

神田うのは16日にインスタグラムを更新、「大好きな祐子ちゃん 谷君ご夫妻 本当に楽しい1日をどうもありがとう」と感謝してから「元NHKアナウンサーの青山祐子ちゃん 今は4人の子供のスーパーママです」と友人の青山祐子さんについて切り出した。青山さんは2011年に医療福祉関連会社役員の男性と結婚後、2012年、2013年、2015年、2017年に出産して2男2女のママとなっている。第1子の出産を控えた2012年1月に司会を務めていた『スタジオパークからこんにちは』の出演を最後に産休を取っていた。



神田は青山さんについて「1人生んで2人生んで3人生んでってその間はずっと産休をとっていました。産休中はずっとNHKからお給料や産休手当などは一切頂いておらず無給で在籍だけしていました。それなのにいつまで産休を取り続けるんだ!?とか産休中にバースデーパーティーを開いて何!?とか色々言われてしまって何故彼女がそんな事を言われなければいけないの!?(産休中にお給料を頂いていたりしているなら言われても仕方がないのかも知れませが)と凄く厭わしい思いでした。」(原文ママ)とこれまでに青山さんがバッシングを受けてきたことを振り返り、友人として釈然としなかった心境を告白した。

そして「今この国にとって1番必要な『子供』を産み育て頑張っている彼女に私は本当に尊敬しかありません。自分の事は後回しに(しかも誰にも迷惑はかけていない)日本の未来の為に子育てして頑張っている女性を応援するではなく批判する社会が本当におかしいととても残念に思います。」と主張。青山さんが今年3月15日付でNHKを退職した際には「4人目を出産ししばらくして悩んだ末にNHKを退社したと連絡がありました。」と青山さんから報告を受けたことを明かし、「私はそれを聞き色々な思いがある中でその決断をした祐子ちゃんは本当に賢いですし素敵だと思いました。」と青山さんの意思を称えた。

さらに「これだけ能力の高い素晴らしい女性ですのでまた時が経てばいくらでも仕事は出来ると思います。今やらなければいけない事を良く理解している祐子ちゃん そしてそれが出来る祐子ちゃんを心から尊敬しています」と友人をリスペクトして締めくくった。



神田のインスタグラムには「人を批判するばかりの本当におかしな世の中ですね。祐子さんママとしても女性としても素敵です」「私もそう思います! 子育てがどんなに大変なことか…もう少し子育てしやすい環境をつくって欲しいと思います」「うのさん、おっしゃる通りです。おかしな国ですよね。言ってることと、やってることがちぐはぐです」「うのちゃんみたいに代弁してくれる友達がいて、また青山さんは幸せですね」などのコメントが寄せられている。

そんな神田も現在7歳になる一人娘の子育て中。インスタグラムにヒールのない靴を履いていた写真を投稿したことから、「もしかして、おめでたですか?」とファンから聞かれて「違いますよー(笑)!」と第2子妊娠について否定していた。

画像2、3、4枚目は『Uno Kanda 2019年7月16日付Instagram「大好きな祐子ちゃん 谷君ご夫妻」、2019年7月15日付Instagram「毎年恒例となっている友人宅での葉山BBQ」』のスクリーンショット
(TechinsightJapan編集部 関原りあん)

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング