【エンタがビタミン♪】藤あや子、生後1か月の保護猫2匹と暮らし始める 「たくましく育って欲しい」

TechinsightJapan / 2019年7月17日 18時50分

写真

歌手の藤あや子(58)が生後1か月の保護猫の兄妹を引き取り、今月から一緒に暮らし始めたことをインスタグラムに報告している。最初は不安そうな表情だった2匹が、今では元気に家の中を走り回っているようで「だいぶ慣れてきました」と藤もホッとしているようだ。

子猫の雄・マル(黒)と雌・オレオ(白)が『藤あや子 ayako_fuji_official Instagram』に登場したのは7月10日のこと。この時マルは結膜炎にかかっており、エリザベスカラーを付けていた。生後1か月ということで市販のエリザベスカラーはサイズが合わず、診てもらった医師の手作りだという。「オレオちゃんはとても元気です」「マル君も早く良くなって共に、たくましく育って欲しいです」と2匹はインスタデビューを飾った。

以降、動画を含めて猫関連の投稿は5回になるが、この短期間で表情がぐんと明るくなった。目に怯えが無くなり、そして子猫らしいヤンチャな部分も出てきたようだ。16日には2匹でじゃれ合い、藤の自宅の階段を上り下りする動画が公開されている。「#降りるのはまだ苦手」ということでまだ危なっかしいが、それもすぐに上手になるだろう。藤は「#ずっと見てられる」とうっとり。フォロワーも「めっちゃ可愛い! 癒しなります」「こうした動画で見ると、本当に小さな小さな子猫ちゃんですね」「成長するのが早いねぇ~じゃれ会って居るの見ていたら飽きない」と温かい目でマルとオレオを見守っている。

さらに17日の投稿では、「今日は歌番組の収録で遅くなるけど、お留守番頑張ってね」と2匹を抱きながら藤は心配そうだ。「#お留守番カメラ欲しい」とあるので近々購入するのかもしれない。

ちなみに1年前の今頃、お笑い芸人のサンシャイン池崎も保護猫2匹を迎え入れ、「風神」と「雷神」と名付けていた。彼のインスタグラムは猫の写真ばかりになったが、フォロワーに見守られながらすくすくと成長している。「マル」「オレオ」兄妹もフォロワーに愛されながら、藤あや子のもとで幸せになった欲しいものだ。

この投稿をInstagramで見る 藤 あや子さん(@ayako_fuji_official)がシェアした投稿 - 2019年 7月月16日午前2時25分PDT

画像は『藤あや子 2019年7月17日付Instagram「今日は歌番組の収録で遅くなるけどお留守番頑張ってね」、2019年7月10日付Instagram「New Family お知り合いの方から生後1か月の保護猫の兄妹を引き取らせて頂きました。」』のスクリーンショット
(TechinsightJapan編集部 みやび)

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング