【エンタがビタミン♪】小島瑠璃子、チーズハットグで“インスタ映え”狙うも「もう流行っていない」指摘される

TechinsightJapan / 2019年8月17日 12時20分

写真

タレントの小島瑠璃子が、インスタグラムに「流行っているものをたべてみました」とチーズハットグを美味しそうに食べている姿を投稿したところ「残念ながら旬をだいぶ過ぎてます」と厳しい指摘が届いた。韓国で一大ブームを巻き起こし、日本最大のコリアンタウン新大久保でも大人気となったが、今も流行は続いているのだろうか。

チーズハットグは屋台グルメで、かじりつくとチーズがトローリと伸びることから“インスタ映え”すると韓国で話題になり、日本では2018年に新大久保から人気に火がついた。また自宅でホットケーキミックスを使用し、手軽に楽しむ人も増えているという。このチーズハットグは中身がソーセージではなくチーズだけのタイプ、ソーセージとチーズを合わせたものといくつかの種類があるようだ。

8月16日の『小島瑠璃子 ruriko_kojima Instagram』には、「流行っているものをたべてみました」と2パターンの写真が投稿されている。「のびーーーーー!」と糸を引いたチーズを長く伸ばしながらハットグを食べている定番ショットでの表情はさすが芸能人、視線といい表情といいお見事である。さらにチューブトップから大胆に露出する肩や鎖骨が色っぽいと、男性ファンの目を釘付けにした。



コメント欄には「なんでこんなに可愛いの~」「めっちゃセクシー」との絶賛の声が多数届いているが、「遠い過去のような…」「久々に見たw」「もう流行り廃れてない??」「前に新大久保ではやったやつ?」「ちょっとブームに乗り遅れてる気が」と時代遅れだという声も目立つ。だがチーズハットグは今年に入り地方でも続々と専門店がオープンしているので、小島瑠璃子の言う通りまだまだ人気は続きそうな気配だ。

画像2、3枚目は『小島瑠璃子 2019年8月16日付Instagram「流行っているものをたべてみました。」』のスクリーンショット
(TechinsightJapan編集部 みやび)

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング