【エンタがビタミン♪】兒玉遥をHKT48劇場支配人が激励 変わらぬ“絆”にファン「ジーンときた…」

TechinsightJapan / 2019年9月4日 11時20分

写真

HKT48第1期生として活躍した兒玉遥は2017年12月末からの体調不良による長期休養を経て、今年の6月9日にグループを卒業した。その後エイベックス・アスナロ・カンパニーへ移籍して女優を中心に活動を再開、9月13日に東京・新国立劇場 小劇場で幕を開ける舞台『私に会いに来て』に出演する。そんななか『HKT48』公式Twitterで9月3日、「東京での会議を抜け出して…覗いてきた」と彼女の笑顔を投稿してファンを喜ばせた。

「奮闘の毎日らしい…そりゃそうだ! 自分で選んだ道だ。頑張るしかない!」という激励を「”O“」の文字とともにツイートしており、尾崎充HKT48劇場支配人によるものと思われる。

フォロワーからも「はるっぴも尾崎さんが来て下さって喜んでると思います。メンバー思いの尾崎さん、カッコいいッス!! これからもメンバーのことをヨロシクお願いします」、「尾崎さん、ありがとうございます。卒業しても気にかけて頂けるとはるっぴも嬉しいではないでしょうか。そしてファンも嬉しいです。やっぱりHKTファミリーっていいですね」などの反響があった。

舞台稽古をはじめ、メディアの取材やテレビ出演などに忙しそうな兒玉遥。3日は朝から自身のTwitterで「フジテレビ放送、ノンストップ! 始まりました! 皆さん見てくださーーい!!!」、「#はるっぴ #ノンストップ #私に会いに来て」ツイートしていたら、本当に尾崎支配人が会いに来たのである。

尾崎支配人が「先日亡くなった、大女優樹木希林さんが残した言葉のひとつ…『あんまりがんばらないで でもへこたれないで』」と兒玉にメッセージを記したところ、フォロワーも「ジーンときた…」、「その優しい言葉でよりファイト出ると思います 尾崎さんありがとう」、「尾崎さんのこのツイートで HKT48ファミリーで良かったと心から感動しております。愛ある場所ですね HKT48」と感じ入った。

なかには兒玉遥が急に卒業したことから「元気で頑張っているのはなによりですが、辞めかたがあまりにも義理を欠いている様に見受けられるのですが!?」、「不義理の行動は自分に返る」などの意見もあるが、尾崎支配人のツイートから今も“絆”を大切にする思いが伝わり、内部では意思疎通ができているようにも見える。後はファンがどう受け止めるかだろう。

画像は『HKT48 2019年9月3日付Twitter「東京での会議を抜け出して…覗いてきた」』『兒玉遥 2019年9月3日付Twitter「フジテレビ放送、ノンストップ!始まりました!」』のスクリーンショット
(TechinsightJapan編集部 真紀和泉)

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング