【海外発!Breaking News】イギリスの大家族、20人目で「最後」のはずが…母は22人目を妊娠中<動画あり>

TechinsightJapan / 2019年10月21日 21時40分

写真

子だくさんファミリーとしてイギリスでは有名なノエル・ラドフォードさん(48歳)とスーさん(44歳)夫妻の間には21人の子供がいる。2017年9月に20人目の赤ちゃんが誕生した際には「もうこれが最後」と断言していたのだが、昨年11月には21人目の赤ちゃんが誕生していた。そして最初の妊娠から30年を経て、スーさんが22人目の子供を妊娠していることが明らかになった。

昨年11月6日に21人目のボニー・レイちゃんが誕生し、「今度こそ絶対に最後」と語っていたランカシャー州モーカムに暮らすラドフォード一家が今月20日、YouTube『The Radford Family』でスーさんの妊娠を明らかにした。出産予定は4月で、夫妻はスーさんにとって22人目となる赤ちゃんの定期検診の様子を投稿している。

動画の中でスーさんは「赤ちゃんができたの。妊娠15週になったから、もうすぐ性別がわかるわ。その時は報告するわね」と満面の笑みで語り、「21人目は女の子だったし、女の子が11人いるから、次は男の子がいいかしら。そうしたら女の子11人、男の子11人で同数になるわね。でもどちらでもいいわ」と興奮気味だ。そんなスーさんにピッタリ寄り添うノエルさんも赤ちゃんの誕生が待ちきれないといった様子で、スーさんと見つめ合うと思わずにんまり。そして「赤ちゃんは男の子だと思う? 女の子だと思う?」と子供たちを質問攻めにするありさまであった。

なおパン屋で生計を立てている夫妻は、政府から支給される1週間約2万4千円(170ポンド)の子供手当以外、生活保護などは一切受けておらず、2004年に購入した10ベッドルームの家に住んでいる。長男クリスさん(30)と長女ソフィーさん(25)は自立しているが、夫妻の子育てはとにかく‟量”が半端ではないようで、1週間の食事代だけで約4万9千円(350ポンド)、洗濯機はノンストップで1日18キロ分を回すという。

再び妊婦となったスーさんは、決して楽ではない大家族の子育てについて、このように語っている。

「どこへ行くにも、子供たちが迷子にならないように気を付けていますよ。でも上の子が下の子の面倒を見てくれるので助かっています。雨の日や何もすることがない日には映画にでも連れていきたいところですが、大人数なので高くつきます。家族が多いと割引になるのではと思うかもしれませんが、安くなるのは大人2人と子供2人だけのことが多いのです。ネットでクーポンを探すのはもちろんですが、ランチをパックしてハイキングに行ったり、公園やビーチに行くことが多いですね。だって無料ですから。次の家族旅行はオランダを計画しているので、やはり切り詰めないと大変です。でも今回赤ちゃんを授かったことは、とても嬉しく思っています。」

昨年の「子供を作らない宣言」は何だったのか…という感じだが、この調子でいくとまた来年も23人目の妊娠発表があるかもしれない、そんな勢いのラドフォードさん一家であった。

■ラドフォードさん一家の21人の子供たち
クリス(Chris、30歳)
ソフィー(Sophie、25歳)
クロエ(Chloe、23歳)
ジャック(Jack、22歳)
ダニエル(Daniel、20歳)
ルーク(Luke、18歳)
ミリー(Millie、17歳)
ケイティー(Katie、16歳)
ジェイムズ(James、15歳)
エリー(Ellie、14歳)
エイミー(Aimee、13歳)
ジョッシュ(Josh、12歳)
マックス(Max、11歳)
ティリー(Tillie、9歳)
オスカー(Oscar、7歳)
キャスパー(Casper、6歳)
アルフィー(Alfie、2014年に妊娠21週目で他界)
ハリー(Hallie、4歳)
フィービー(Phoebe、3歳)
アーチー(Archie、2歳)
ボニー(Bonnie 11か月)



画像は『The Sun 2019年10月20日付「As you can probably tell from the title」(Credit: Rex Features)』『The Radford family 2019年10月20日付Facebook「As you can probably tell from the title」』のスクリーンショット
(TechinsightJapan編集部 A.C.)

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング