【海外発!Breaking News】娘3人と週1回美容サロンに通う母 1か月の費用は12万円以上(英)

TechinsightJapan / 2019年11月4日 21時30分

写真

英ウェスト・ミッドランズ州に住む33歳の女性は、17歳から1歳3か月までの3人の娘を連れて毎週サロン通いをしている。サロン代だけで月10万円以上をかける女性が英メディアのインタビューに応じた。

ウェスト・ミッドランズ州バーミンガム在住の4児の母ハナ・スキッドモアさん(33)は毎週1回、17歳のティアちゃん、9歳のブルックちゃん、1歳3か月のヴァレンティーナちゃんの3人の娘を連れて、美容サロンで安らぎの時を過ごす。1か月のサロン代は12万円(860ポンド)を超えるが、ハナさんはそのほかにも子供たちの洋服代として約5万6千円(400ポンド)を充てているのだという。

ハナさんがガールズ4人でサロン通いをするのは「一生懸命働いたうえで、自分の外見に投資することは大切である」と教えるためだそうで、『The Sun』のインタビューに、美を追求する熱い思いを次のように明かした。

「子供たちも私もサロンが大好きなの。長女のティアを初めてサロンに連れて行ったのは2、3歳の頃だったわ。その頃は髪をきれいに巻いてもらっていたの。ティアはティーンエイジャーになったけど、お肌の手入れをきちんとしているから、ニキビが1つもないのよ。」

「今は娘3人を連れてサロン通いを続けているわ。サロンはリラックスできるし、いろんな情報の共有もできるし、ガールズだけでたわいもない話をして楽しむの。おかげで私たちの関係はとても良好よ。みんなで大好きなピンクを着たり、お揃いの服で出かけることが多いわね。」

「三女のヴァレンティーナは、生後9か月の時にサロンデビューを果たしたわ。私と一緒にペディキュアスパに入ったり、ヘアカーラーを巻いてもらって大満足よ。私の膝に座って爪のお手入れをじっと見ていることもあるし、小さな爪をきれいに整えてもらうこともあるわ。」

「フェイシャルケアとヘアケア&ブローは毎週、ネイルケアは隔週でしてもらうの。ただ子供たちのアクリリックネイル(付け爪)に関しては、まだお預け。あの子たちは若いから、爪のダメージを考えてマニキュアだけにしているの。」

「今一番のお気に入りは『The Lion Zen』というキッズ・フレンドリーなサロンよ。スタッフはとても親切で、礼儀正しくて、仕事もしっかりこなしてくれるわ。きちんとリサーチをしたうえで、水性ネイルやオーガニックなど身体に優しい製品を使っているサロンを選んだの。子供たちにはベストなものを提供したいでしょう。それにサロンは、娘たちが他の子供たちやスタッフとの交流をする社交の場にもなっているの。私が子供たちを甘やかしていると言う人もいるけど、人それぞれ考え方は違うでしょう。私も夫もビジネスをしているし一生懸命働いているのだから、これくらいはいいと思うの。」



ちなみにハナさんの夫のニック・バーリッジさん(30)は、病気になった樹木などの診断や回復に携わる樹木医で、ガールズがサロンに行っている間は長男のジェイジェイ君(8)と一緒に映画に行くなどして楽しんでいるという。

また現在、大学でアートを学んでいる長女のティアさんは、サロンに通うことについてこのように語っている。

「サロンは大好きよ。私は乗馬をしていることが多いから、友達は『ネイルとか必要ないでしょう』って笑うけど、私はそうは思わない。だってきれいになることで損することはないわ。それに私はサロン通いを始めたことで自分に自信がついたの。だからママには感謝してるわ。」

このニュースには、「この子たちはきっと泥んこ遊びをしたことがないのでは?」「外見だけを追求する大人になってしまうと思う」「父親が30歳で長女が17歳って、再婚?」「自分の価値観を子供に押し付けているだけの自分勝手な母親だ」「人は人だからね。お金があるんだからいいんじゃないの」「ほかにすることがないのかしら」「まだ若いけど、この生活をずっと続けていけるのかしら」などといったコメントがあがっている。

画像は『The Sun 2019年11月1日付「MUM-BELIEVABLE Mum splashes £1k on facials and manicures for her kids every month – and even her nine-month-old gets in on the action」(Credit: Caters News Agency)』のスクリーンショット
(TechinsightJapan編集部 A.C.)

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング