【エンタがビタミン♪】指原莉乃、杉咲花、綾瀬はるかなど活躍続ける女性が美の競演『VOGUE JAPAN WOMEN OF THE YEAR 2019』

TechinsightJapan / 2019年11月20日 20時11分

写真

「VOGUE JAPAN WOMEN OF THE YEAR 2019」授賞式・記者会見が20日、都内ホテルにて開催され、綾瀬はるか、黒柳徹子、近藤麻理恵、指原莉乃、杉咲花、冨永愛、松任谷由実、リナサワヤマ、美佳が受賞者として登壇した。白い螺旋階段がついた円形ステージに各受賞者が華やかな衣装で登場し、その存在感を見せつけた。

2019年、圧倒的に活躍した女性に贈られる「VOGUE JAPAN WOMEN OF THE YEAR 2019」を受賞したのは片付けコンサルタント・近藤麻理恵、タレント・指原莉乃、プロゴルファー・渋野日向子、女優・杉咲花、シンガーソングライター・リナサワヤマの5名。



今年4月にHKT48を卒業後もテレビ番組MCなどで活躍を続ける指原莉乃は、「すごく嬉しいです!」と喜びいっぱい。「この賞をいただけると聞いて急いでジムに4回行ったんですけど、間に合わなくて…」と残念がり、「VOGUEさん20年唯一の汚点にならないようにこれからも努力して自分らしく自分に自信をもって仕事をしていきたい」と決意表明した。そして「この賞をいただけているのも先輩方や秋元康さんのおかげだと思っているので、秋元さんにお寿司をおごりたい」と指原らしい発言で笑いを誘った。



そして今年NHK大河ドラマ『いだてん~東京オリムピック噺~』などに出演、2020年度秋放送予定のNHK連続テレビ小説『おちょやん』のヒロインにも決定した女優・杉咲花は、「今年は自分が出たい作品に出演させていただけた。願いながらコツコツ続けることは大事だと感じることができた年でした」と女優としての充実ぶりをうかがわせた。プライベートでチャレンジしたいことを聞かれると「ご飯を食べることがすごく好きなので、地方にご飯食べることを目的に行ってみたい」と話した杉咲。「今までご飯を食べるために遠出したのは?」との質問に「(東京)巣鴨です」と答えて驚かせたが、「自分の中では遠出でした」とおっとりと返した。



また長年キャリアを通して輝いた女性に贈られる「VOGUE JAPAN WOMEN OF OUR TIME」は、女優・綾瀬はるか、女優・黒柳徹子、モデル・冨永愛、シンガーソングライター・松任谷由実が受賞した。令和初となる今年の『NHK紅白歌合戦』で紅組司会を務める綾瀬はるかは「これからも女性として人として楽しくそして丁寧に人生を歩んでいきたい」と話し、「20歳の自分に声をかけるとしたら?」と聞かれると「全力で取り組みつつ楽しんで!」と笑顔を輝かせた。



他にも『VOGUE JAPAN』が国内外のファッションシーンで活躍する次世代女性を応援するために贈る「VOGUE JAPAN RISING STAR OF THE YEAR 2019」は、モデル・美佳が受賞した。



各受賞者には『VOGUE JAPAN』渡辺三津子編集長から、清川あさみ氏が制作したトロフィーが授与された。



今年15回目を迎える「VOGUE JAPAN WOMEN OF THE YEAR」は、さまざまな分野で圧倒的な活躍をみせ、スタイル・生き方・美において『VOGUE JAPAN』読者をインスパイアしたヴォーグな女性たちに贈られる。

なお、プロゴルファー・渋野日向子はスケジュールの都合により欠席した。
(TechinsightJapan編集部 関原りあん)

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング